スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEビッグオー Act:03「Electric City」(その2)

bigo-title.jpg

この作品の主人公は、ネゴシエイターのロジャー・スミスですが、
ロジャーと同じくらいウェイトを置いて描かれているキャラクターが、彼の片腕となるアンドロイドの少女ドロシーです。
第三話の冒頭にドロシーの食事シーンがあります。



bigo03-090223.jpg

スクランブルエッグをいらいらしながら突つき、
ドロシーを眺めているロジャー。

bigo03-090222.jpg



モーターの回るような音を立てながら、カップをつかむ動作を機械的にこなしていくドロシー。
bigo03-nomudorothy.jpg

bigo03-090232.jpg
パカッと口が開き

bigo03-090230.jpg
続いてカップをかたむける。


bigo03-090231.jpg

「そうか、真似てるだけなんだ。だから不自然なんだ」

bigo03-090233.jpg

そのとき停電が起こり、食堂も真っ暗になってしまいます。
最近この街では停電が頻発しているようです。


teidenroger.jpg

bigo03-090236.jpg

bigo03-090237.jpg

頭のCD挿入口をイジェクトして、明かりの代わりにするドロシー。
「食事を続けたら?」


bigo03-090238.jpg

やめてくれ!と悲鳴をあげるロジャー。
彼の優雅な朝のひとときは、ドロシーの出現によってめちゃくちゃになってしまいました。




食事は、私たちが普段普通に行っている行為であるだけに、
この演出で語られていることは、生理的な感覚を伴っていると思います。
このシーンは、「食事」という行為を通して、「アンドロイドの本質」を描いています。


それでは「アンドロイドの本質」とはなんでしょう。

アンドロイドは「人造人間」。
人の手がつくった人のまがい物です。

人造人間 - Wikipedia


今回の食事シーンの演出意図には、
アンドロイドが人間と違う種族であることを再確認するという意味があると思います。

bigo-090215.jpg

では、なぜそんなことを再確認する必要があるかというと、
それはアンドロイドが人と似ているからに他なりません。

そして、それこそが「アンドロイドの本質」なのです。
人を真似て作るところにアンドロイドの意義があります。

ドロシーは、機械仕掛けですから、彼女にとって食べるという行為は無意味です。

しかしアンドロイドは人を真似て作ったロボット。
動く「人形」です。


bigo-092002.jpg
 爆風で木の葉のように揺れるドロシーの姿はまるで人形。(第一話より)

人形は、その姿に人の面影を映し、見る人に「人間」を想起させます。
そういったことにこそ、人の形をしている意味があるはずです。
アンドロイドが人の真似をすることは、
アンドロイドの最重要な使命といえるのではないでしょうか。

ですから、「アンドロイドの本質」を厳密に論じるならば、
それは「人間と違うこと」とは真逆。
人間を上手に真似ることであり、
人と見紛うばかりに行動も人間になるべく近づくこと。
究極的には、彼らの食べる姿は人間とまったく同じであるべきなのではないでしょうか。
しかし、そこには恐らく限界があり、決して人間にはなれないのもアンドロイドです。

ドロシーの食べ方は「人間として」まだまだ大きな欠陥がある、つまりアンドロイドの使命をまだ果たせていないだけなのだと思います。

bigo-090214.jpg

考えてみれば、アニメのキャラクターもアンドロイドと同じです。
人間を模して生み出された以上、彼らが生身の人間と同じ行動をとるのは、彼らの使命なのです。
だからこそ、「人間のように」食べ物を食べるシーンが重要になってくるのです。

見ている視聴者に「真似てるだけなんだ。だから不自然なんだ」といわせないよう、
生身のアニメーターが神経を注いで描いた作画には、人を感動させる力があると思います。




...おまけを読む (作品の感想と解説)
スポンサーサイト

THEビッグオー Act:03「Electric City」(その1)

bigo-title.jpg

異色のロボットアニメ『THE ビッグオー』です。
この作品についてまずいえるのは、脇役のアンドロイドの少女、
ドロシーの存在の大きさなのですが、それは次回に回して、
まずは第三話の後半の食事シーンからみていきましょう。



発電所の街エレクトリックシティ。
かつて巨大な水力発電所のあったダムの再開発を拒む住民たちとのネゴシエイト(交渉)を依頼されたロジャーは、その近くの山小屋に一人で住む老人を尋ねます。

bigo03-090245.jpg

老人に監禁されたロジャーですが、ちょっとした間に縄抜けの術を駆使して、
勝手に朝食をつくっています。

bigo03-090249.jpg

「私のスクランブルエッグも、そう捨てたもんじゃないですよ」

料理をしているロジャーを見れるのは、これが最初で最期じゃないでしょうか。

bigo03-090246.jpg
bigo03-090247.jpg

ロジャーの屋敷では、普段は執事のノーマンが家事全般をすべてやってくれていますから、料理ができること自体が意外な気もしますが、
これは、彼が軍警察を退職してネゴシエイターに転職したのが、それほど昔のことではなく、お屋敷の主人となって上げ膳据え膳の生活を始めてからの年月も浅いことを考えれば当然かもしれません。

bigo03-kuujiisan.jpg

bigo03-090255.jpg
味に自信があるのでしょう、老人がスクランブルエッグを食べるのを得意げに見守るロジャー。

bigo03-090258.jpg

味が薄かったのか、塩だかコショウだかを無造作にかける老人。
不満げなロジャー。

他人に作ってもらった料理に「調味料をかけるのは失礼かどうか」というのはよく議論されるところですが、
個人個人の味覚に個性があることから、許容する考え方や、味見をしてからならまったく失礼に当たらないなど、いろいろな考え方があります。

とうことは、正解のないようなこのような場面で、その人の人柄が顕著にわかるといえるのではないでしょうか。

我らがロジャー・スミスはというと・・・

彼は、交渉人という仕事柄にまったく似合わない、独善的で子供っぽい人です。(同時にそれが彼の魅力だといえます)
この首をすくめるリアクションは、彼の性格を良くあらわしているかと。

このあとロジャーは、ビッグオーを駆ってダムの貯水湖に棲む「竜神」と戦うことになります。





...おまけを読む (作品の感想と解説)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。