スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『GUN×SWORD』 第7話 「復讐するは我にあり」

title.jpg

※ネタバレありますので視聴前の方は気をつけてください。
今回は心理的なサスペンス・ホラーといっていい回。
その心理的な演出の小道具として”食事”も貢献しています。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

gunsw07-0000.jpg

宿敵カギ爪の男を追いかける途中で、詐欺にあい、
孤島に置き去りにされたヴァンとウェンディ。

所有する富豪がラビアンローズと名づけたこの島で10日間の足止めを食います。

gunsw07-0001.jpg
一日目の夕食。
ヴァンは相変わらず調味料をもってこさせ。
ワインはミルクに替えてくれとたのみます。

一見つかみどころの無いこの富豪、ジョーの食べ方の描写が面白いですね。
gunsw07-0002.jpg

パンをちぎっては皿に置いて、
卵を転がしてペキペキペキと殻にひびを入れていきます。
gun7joekuikata.jpg

パン屑はは最初にちぎっておいて、まとめて食べるのでしょう。
この人の性格を現してるように思います。
実際、彼がこの島でヴァンに対してやっていることは、
最初に苦労して種をまき水をやり、育ってからまとめて刈り取ろうとするのに似た行為です。

------------------

夜の海で話し合うヴァンとジョー。
ヴァンのグラスはミルクです。
gunsw07-0009.jpg

復讐の先には何があると思うか。
何もないのです。
怒りは何も生み出さない。

宗教家のような文句を用いて、
復讐の意義そのものを無意味だと問いかけてくる富豪のジョー。

穏やかなセリフですが、結末を知っていると、
逆に恐ろしさがジワジワと迫ってきます。

このジワジワが、演出面でも冴え渡ってます。
一見、気付きにくいですが、真に怖い表現がされているのが、このシーンです。

gunsw07-0010.jpg

二日目の夕方の遊技場でのビリヤードシーン。
「よろしければ祝杯を」
と差し出したグラス。
gunsw07-0012.jpg

前夜の語らいでは、ミルクを持っていたヴァンが、
このシーンではなんと、ワインに口をつけようとしています。

ヴァンは酒が飲めないし、食べ物の味付けは濃くないといけない。
これは、彼の頑ななポリシーがあらわれた象徴的な嗜好だと思います。
ミルクが、ヴァンの強固な自我の証しだとすると、
ワインを自ら飲むというのはただ事ではありません。

この”飲み物”ひとつで、ヴァンが根底から懐柔されようとしているのがよくわかります。

gunsw07-0013.jpg

かどわかす側からすれば、
ここは育てた稲穂を収穫して、着実に駒を進める場面と思うのですが、まだジョーは刈り取ろうとしません。
パンのちぎり方と同じ性格が、ここにでています。

せっかくワインに手をつけようとしたのをさえぎって、
ジョーはダメ押しに入ります。

gunsw07-0015.jpg

あなたは純粋ゆえに憎悪を貫こうとしている。

そうです。
ジョーの目的はカギ爪の男への復讐をやめさせること。
ジョーはカギ爪の配下でした。

「今日は終わりにするか、続けるか、決めるのはあなたです」
ビリヤードの話をしているようで、復讐のことをいっています。
ジョーの結論は決まっているのに、それを押し付けず、
結論はヴァン自身に出させようとしています。

------------------
gunsw07-0019.jpg
三日目の朝。
ヴァンとウェンディの別々の朝食。

ウェンディの朝食。
gunsw07-0016.jpg
・兄ミハエルは村に送り届けるから帰ったほうがいい。
・ヴァンもそうしたほうがいいといっている。


ヴァンの朝食。(相変わらず調味料かけてます)
gunsw07-0018.jpg
・ウェンディは村に帰るといっている。


ジョーが彼らに別々に吹き込んだことは、まったくの嘘なわけですが、ヴァンとウェンディは互いにそれを知りません。

ジョーは、二者の情報を分断して彼らを同時に操ろうとしています。
これは頭の良いサイコパスの手口そのものです。

二重三重の心理的な罠にからめとられ、ついにヴァンはひとり口に出します。

gunsw07-0021.jpg

「エレナ俺は疲れたよ。お前を思い出にしていいか」






・・・まあ、ここからが熱血復讐アニメ『ガン×ソード』の真骨頂なわけですが。

虚構が真実に打ち破られるストレートな展開。
緻密な演出から急転して、まるで明と暗が入れ替わるかのように、ハデな演出に切り替わる、緩急をつけたリズム。
この回は、かなりの傑作だと思います。

gunsw07-0020.jpg


他にも柱時計や、ビリヤードの玉、ジョーの飼い犬の演出なども注目に価するのですが、
このブログは食べ物に特化して語りたいので省きました。


スポンサーサイト

『GUN×SWORD』第6話 「ハートに火をつけて」

title.jpg

6話目はドタバタコメディー。
勘違いバカップルの、マスカットとハニーチェリーがでてきます。
gunsword06-0068.jpg


この店で食おうとしてたのはカニですね。
海辺の町ということもあって、ここもシーフードの店らしいですが、
巨大蟹を一匹丸ごととは豪快です。
gunsword06-0070.jpg

といっても、バカップルのふたりが強盗に入ったせいで、ヴァンたちは昼飯を食べ逃してしまうのですが・・・。


店を追い出されたので、海辺のホットドッグ屋で昼食をすますことにしたようです。

gunsword06-0074.jpg

gunsword06-0072.jpg

しかし、不器用なヴァンは、この店の紙袋についているクリップをなかなかはずすことが出来ません。

ようやくはずせたと思ったら、バカップルの三度の襲撃によって、
無残にタイヤの跡が・・・
gunsword06-0077.jpg

gunsword06-0076.jpg


どのみちヴァンは、このホットドッグに満足はしなかったでしょう。
なぜなら、テイクアウトをしたら、店の調味料は使えないからです。
gunsword06-0073.jpg


その調味料、マスタードとケチャップも、バカップルとの二度目の戦闘に使ってしまったので、間違いなくこれはプレーンな味付けの、普通のホットドッグです。

ヴァンがこの味に文句を言わないわけがありません。まあそれを見たくもありましたが。

------------------

gunsword06-0082.jpg

終盤に、オープンカフェがでてきます。
実はここで”カギ爪の男”と”少年”にニアミスしてます。

ヴァンとウェンディが追いかけている、カギ爪の男と少年。
少年は、ウェンディの兄であり。
カギ爪の男はヴァンにとっては、ここであったが百年目という宿敵です。
gunsword06-0083.jpg

いつもやっているように、ウェイターに何気なく二人の容貌を伝えて尋ねてみると、意外な返事が。
「その人ならいまそこに」

gunsword06-0085.jpg

gunsword06-0084.jpg

gunsword06-0086.jpg

たったいままで、そこの席にいたというのです。
席には食器しかありませんが、この空席が、かえってそこにいたはずの人物を強く想像させます。
食べたあとの食器で、存在感を表すとは憎い演出です。
gunsword06-0090.jpg


そして、間髪いれずに埠頭に走り出したヴァンの表情で、彼が追いかけている敵との間の因縁が、ただ事ではないことを畳み掛けるように表現しています。
gunsword06-0092.jpg




gunsword06-0093.jpg
ヴァンは現在、復讐のためだけに生きていますが、それがよくわかる演出でした。
そしてこの過剰な演出は、次回のエピソードのヒキになっています。


『GUN×SWORD』第5話 「ツインズガード」

title.jpg

第5話には、双子の姉妹がそれぞれ二分して支配している、岩穴に作られた研究所のような街がでてきます。
gun5-0028.jpg

一気にSF調になりましたが、食べ物もそれなりに変化してます。
トレーですね。
gun5-0026.jpg

だいたいSF作品に食べ物がでてくるときは、この給食のようなトレーに配膳された料理がでてくることが多いように思います。

のちに紹介しようと思っている『新世紀エヴァンゲリオン』や『機動戦士ガンダム』『超時空要塞マクロス』といったSF作品でも給食トレーが使われていました。
もっともこれらは、集団生活をしている軍隊的性格の組織を舞台としたお話ばかりなので、むしろそっちの理由のほうが大きいとは思いますが。

ともかく、この『GUN×SWORD』初となるSF然とした場所での食事は給食トレーだということが印象的でした。
gun5-0030.jpg

------------------
ヴァンとウェンディにだされたメニューは、見た目から察するに・・・
パン。
ソーセージ2本。
スパゲッティ。
コーンとレタス。
ポタージュ。
マーガリン。
コーヒー。

ブラックコーヒー以外は、まさに給食ですね。
相手はボディーガードを依頼してきた依頼人ですから
これは、ヴァンたちがあまり歓迎されてないという意味ではなく、この依頼人たちの食生活が機能的に特化しているという描写だと思います。
このお語を最後までみると、その理由も納得なのですが。

ただ、栄養価を重視した機能的な食事がこれだとすれば、野菜が少し足りないですね。




...おまけを読む (作品の感想と解説)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。