スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒャッコ 第10話 「15コメ・虎に翼」


■落としの弁当

hyakko-10-52

屋上で本を読みながら昼食をとっているメガメっ娘。
風茉莉冬馬(かざまつり とうま)は、誰にも邪魔されずひとりで静かな時間を過ごすのが好きなのです。
しかし、今日は口から飲みかけの牛乳をたらし、かじりかけのパンを持ったまま固まってます。
前方のなにかに驚いているようなのですが…

…その前方には、騒がしい一団が。
hyakko-10-51 
宿敵虎子が、秘策と仲間とを携え、今日も今日とて冬馬を懐柔しにきたのでした。

hyakko-10-11 
虎子と冬馬の小競り合いの様子は
第3話あたりからそれとなく描かれてきた


虎子が、冬馬にちょっかいを出し続けて数ヶ月。
いっこうに自分になびかない冬馬を、なんとか自分に振り向かせようと虎子は必死です。
今回は、手下を引き連れ数で圧倒した上に、食べ物で釣る作戦なのです。

エサは”手作り弁当”。
これは、いつも菓子パンだけで食事を済ましているという冬馬の食生活を調べ上げた上での選択です。
なんだか腕の良い釣り師が、魚に合わせて餌や釣り糸の種類を変えている様子が思い浮かびます。

hyakko-10-54 
肝心の弁当は虎子ではなく、歩巳の作。
今回は虎子のちょっかいだけでなく、歩巳からも横から友達光線が照射されています。
すでに虎子の配下となっている歩巳という駒を最大限に使って敵の将を仕留めんとする策士虎子。
こうして冬馬は、肩肘を張ってみせながらも、虎子の張り巡らした二重三重の罠にからめとられていくのです。

hyakko-10-55
ここは原作では、余計につくってきたおかずのみを入れたミニ弁当箱でしたが、
アニメではご飯も入った弁当になってます。

hyakko-10-57 
なぜかここで、雀が横からおかずを盗んでいきます。
雀の大食いキャラの意地汚さがでたということもできますが、
これは頑なに他人との交流を拒んできた冬馬が、弁当で懐柔されるまさにその瞬間に起こった出来事ですから、
ここは親友虎子が関心を向けている相手への嫉妬からでた嫌がらせだと考えたほうがわかりやすいと思います。

hyakko-10-60
そして、いつのまにやら弁当に箸をつけてしまっている冬馬なのでした。
その裏に潜む意図を見抜く能力を、おいしそうな見た目とおいしそうな香りが奪ってしまっているのでしょうか。

hyakko-10-61

なんだかんだで仲間の輪に溶け込んでしまっている冬馬。
恐ろしい作戦は成功のようです。
箸をつけた時点で勝敗は決していましたね。
食い物の魔力は恐ろしいです。


■弁当披露会

今回、番組終了間際に弁当つながりのミニコントがあります。
原作のコミックス収録の2ページ漫画を膨らませたものです。

hyakko-10-70
このミニエピソードは、クラス委員長が全員を集めて、弁当の見せ合い大会を開くという趣向になっています。
これまでに登場した個性的なキャラクターたちが、それぞれの特性を出した弁当を見せ合います。
値段とカロリー計算がついているというところがアニメならではの演出です。

hyakko-10-71 hyakko-10-72
コンビニ弁当。
独楽(こま)は親に代わって小さい弟と妹の面倒を見ています。
副業も抱え金儲けに忙しい彼女は、昼食はコンビニで済ますことで時間を作っているのでしょう。

                       
菓子パン二個。
潮は風貌に似合わず甘いものが好きです。
表示をみてもわかるようにコンビニの菓子パンは非常にカロリーが高いものです。
成人女性の一日の摂取カロリーは2000キロカロリーといわれていますから、これ以上は食べすぎでしょう。

hyakko-10-74 hyakko-10-75
肉まん5個。
ロボット研究会に所属する知恵は、昼休みを活用してロボット制作をするつもりです。
その合間に片手で食べられるという理由でこの食事。

hyakko-10-77 hyakko-10-78
お菓子です。
頭の中がすっかり幼児の湊兎(みなと)は、食べたいものを食べたいだけ食べます。
だから昼食もお菓子です。
それは食事じゃないという委員長のツッコミには、叱られたと思って泣き出してしまいます。

hyakko-10-79 hyakko-10-80 
祈(いのり)の手作り弁当は、母親の作ってくれたものです。
食べる本人には似合わない、なかなか可愛らしいお弁当ですね。
原作では「手作り」と聞いた一同が、その祈の風貌から「毒入り」を連想するというオチになっているのですが、
アニメでは若干変えてあります。

ごはんの上に星の形のそぼろのようなものがのっていますが、
以前、これもアニメオリジナル要素ですが、祈の母親の手作り金平糖をもってきたという描写から、
祈の母は星のようなキラキラしたものを好む明るい人物だということが想像できます。
原作に登場した祈の妹も普通の人なので、彼女だけがなぜか暗い性格なのでしょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
さて、祈のお弁当の行方が最後に描かれます。
このお弁当は虎子に奪われてしまったのです。

職員室では空の弁当箱を虎子に渡す傘(あまがさ)先生の姿が。
hyakko-10-84
先生のケータイを壊してしまった虎子は、その埋め合わせに、祈の弁当を差し出してこの件をチャラにしようとしたというわけです。

今回このブログでは、虎子の性格を、若干計算深い利己的な悪女のようにおもしろおかしく書きましたが、
この弁当箱の描写をまともに取り合うのならば、虎子は無意識のレベルで本当にそういった性格を隠しもっているとも思えます。

アニメ版の最終二話のあたりで描かれるシリアスなエピソードのことを考えると、原作の時点で虎子の隠し持った性格のことを匂わせる描写はすでにあるように思えるのですが、このオリジナルの描写を見ても、アニメ版ではそのことをわざと強調して描いているのかもしれませんね。

hyakko-10-83
他人の弁当をとっておいて「サンキュー」の一言で片付ける虎子
笑顔の祈のリアクションがさらに怖い



...おまけを読む (作品の感想と解説)
スポンサーサイト

ヒャッコ 第7話 Bパート 「17コメ 虎の怒りを買う狐 」



■恋のトウガラシラーメン

今回登場した狐(きつね)は、虎子の兄です。
hyakko-07-01
彼は妹をいじめることに快感を覚えるという、サディストの変態さんです。
食堂で虎子を発見した彼は、さっそく意地悪そうな笑みをたたえて妹に近づきます。

hyakko-07-03
熱いしょう油ラーメンをフーフー冷ましている虎子でしたが、
狐が同学年の男子生徒を連れて虎子に相席するのを見ると顔色が曇ります。
狐と顔をあわせると、ろくなことにならないことはわかってるからです。

しかし今回だけは狐は意地悪だけで虎子に近づいたのではなかったのでした。
一緒にいる男子生徒は戦国獅々丸(せんごく ししまる) くん。

 hyakko-07-08
彼は、虎子に一目惚れして、なんとか彼女に接近するチャンスをうかがっていたのですが、
今回、虎子の兄の狐がそのチャンスを作ってくれたわけです。

hyakko-07-14 
ガチガチになっている獅子丸

しかしせっかくのチャンスだというのに、彼は氷漬けです。
このこう着状況を前に、早くも二人の仲を取り持つのがめんどくさくなってきた狐は、行きがけの駄賃にと虎子イジメを思いつきます。
hyakko-07-15
この中で意地悪につかえそうなアイテムは・・・

hyakko-07-17 
「あの厨房で料理してんのレクター博士じゃね?」

原作ではここは「アンソニー・ホプキンス」になってますが、どちらにしろ食堂で聞きたくない類いの名前ですね。
いうまでもなくレクター博士=ハンニバル・レクターは、フィクションの世界でもっとも有名な猟奇殺人鬼です。
映画ではアンソニー・ホプキンスがレクターを演じました。
彼のあだ名は「人食いハンニバル」ですから、この場面でその名がどういう意味を持つかは明白でしょう。
アニメではさらに、狐のセリフに「おいおいあんなもの料理に混ぜたらまずいだろ」というセリフが追加されてます。
ちょっとやりすぎな気もしますが、これには演出家の明確な演出意図が見え隠れしているようにも思えます。
(これについては後で詳述します)

hyakko-07-18
さて狐は、妹がよそ見をしている隙にトウガラシのビンの中身をすべてラーメンに投入。
美味しそうなしょう油ラーメンが一瞬にして凶悪なラーメンに。

hyakko-07-21
それを知らずに食べた妹の期待通りのリアクションを見て大笑いする狐。
サディズムの奥に愛情があるとするなら、これも兄妹愛の歪んだ形なのでしょうか。
ひとしきり笑って満足した狐はさっさと立ち去ってしまいます。

hyakko-07-29 
取り残されたのは涙目の虎子と、ガチガチの獅子丸くん。
この凍りついた場をどうしたらいいのかわかりません。
これもサディスティックな意味合いをもった一種の放置プレイなのかもしれませんね。

hyakko-07-31 

ところがこの場面で獅子丸はひらめきます。
このラーメンを、自分の無傷のラーメンと替えれば虎子のナイトになれるではないですか。
まさにピンチはチャンスです。

狐の入れたトウガラシの件は単なるイジメであり完全にハプニングですし、
そもそもこの相席の機会を設けてくれたのは別に親切心からではなく、二人が付き合ったら笑えるからという理由だったりします。
しかし、やり方は異常であっても、結果的に狐は二人がお近づきになるきっかけをバッチリつくってくれました。

そして、いかに緊張していようとも、男は行くときは行かねばなりません。
この期を逃すようなら、チャンスは再び巡ってこようとも彼の手元をすり抜けるでしょう。
チャンスはつかみ取るのです。
行け獅子丸!
hyakko-07-34 
「お、俺のラーメンと替える?」

この親切まるだしだなのか、色気丸出しなのかよくわからない申し出に、虎子は一呼吸分の逡巡の後答えます。
kaetekureru
「か、替えてくれる?」

トウガラシ入りの毒ラーメンとはいえ、
食い気と色気の要素が同時に混在しているこのカットは、なかなか興味深いです。

それはともかく、虎子はなんだかいつもとキャラが違いますね。
こういうときだけ女をアピールするしたたかさはやはり女性らしさの表れです。
ふだん男らしさ全開の虎子も、男がいる場面では女の子なんですね。

hyakko-07-41
hyakko-07-42

実際には、虎子のこの仕草にどこまで計算があったのかは図りかねますが、
それはさておき獅子丸の心臓は止まってしまいましたとさ。


■ 食のフェティシズム

・食事と恋愛

hyakko-07-32 

ところでこのトウガラシラーメンがこの後どうなったかは劇中で描かれていませんが、獅子丸くんはきっと食べたと思います。
ここでは「食べられなくなったラーメンを、新品と取り替えてあげる」という親切な筋書きがあるので、心証を考えたらここは食べないほうが良いわけですが、
取り替えて自分のところにきたのは、好きな女の子が箸をつけたラーメンですから、たとえ唇が二倍に腫れて喉が焼けようともこれはぜひ食べたいところ。

考えてみたのですが、ここは、俺辛いの好きなんだよねーとでもいいながら、一口二口食べて見せるというのがベストではないでしょうか。
もちろん辛くてヒーヒーいうでしょうが、笑いも取れるし、恩も着せられるし、同じラーメンを目の前で食べることで彼女の深層心理に「間接キッス」というキーワードを縫いこめることも出来るという一石三鳥、いえ、間接キッスのご褒美を計算に入れると一石四鳥の作戦です。
これはもう確実に親密感が増します。もしかすると明日結婚してるかもしれません。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
このような極端な例でなくても、恋愛沙汰と食事は非常に相性が良いといえます。
他人と一緒に摂る食事というのは、自分の本能や生活習慣を人前でさらけ出す行為でもあります。
人前で無防備な姿をさらすことで、壁がひとつ崩され、互いのテリトリーが交わります。
恋愛に限らず、商談などで食事が使われるのも、こういった心理的な効果を期待してのことだといえます。

それが男女の付き合いとなると、これは食事を介してエロチックな意味合いがそこに隠れていたとしてもなんら不思議はありません。

   - 歩巳と狐 -

hyakko-07-24

hyakko-07-23 
アニメ化されたのは原作の3巻くらいまでですが、
それ以降の原作の描写では、狐は歩巳の恋の相手として匂わされた描かれ方をされています。
そのことを踏まえてこのシーンを見ると、狐と歩巳が食事のトレイを持ったまま鉢合わせするというシチュエーションには、どこかしら色気が漂っているようにも思えます。


・映像表現としての食のフェティシズム

「食い気」と「色気」という、生物である以上必ず備えているふたつの原初的な欲望ですが、
この食い気と色気の境目があいまいになった世界は、より高密度な生気を帯びた妖しい空間となり、それを取り入れることで映像世界においても濃密な表現が出来ることだと思います。

実際に映画などでもその手法は良く見かけますし、伊丹十三監督の『タンポポ』など、性的に倒錯させた食の描写を意欲的に表現した映像作品なども存在します。

今回とりあげた『ヒャッコ』のラーメンの描写もその系統のひとつに入るでしょう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・カニバリズムとフェティシズム

作中のセリフに「レクター博士」がでてきますが、現実の猟奇殺人犯のほとんどは性的な興奮を得ることを目的として殺人を犯します。
そして反社会的行為として行われるカニバリズム(人肉嗜食)は、性的な欲望と表裏一体になっています。

パリ人肉事件の佐川一政も、女友達を殺し性行為のあと食べてしまってますし、アメリカで有名なシリアルキラーにも、ジェフリー・ダーマーなど性行為と殺人と食人を一連の行為として行っていた殺人犯がいます。
欲望の要素として「殺人」まで入ると、これはあまり考えたくはありませんが、暴力的な嗜虐心も含めてこれらは人間の欲望としてひとつながりのものなのかもしれません。

今回の『ヒャッコ』では前半のAパートにて、狐のサディズムが性的倒錯傾向を大いに含んだ描写としてでてきます。
hyakko-07-suka-tomekuri 
好みの女の子にスカートめくりをする狐

「性」と「暴力」と「食」が三つ巴になった同等の欲望だとするなら、
Bパートの食事シーンにおいて、このサディズムをもつキャラクターとして描かれている狐のイタズラは、食事を挟んで描かれた恋愛沙汰の間に位置する「暴力」の要素として、同列のものとして表現されているように思えます。
そして、この場面で狐の口から(究極の暴力である殺人と人肉嗜食を同時に行う)「レクター博士」という架空の猟奇殺人犯がでてきたことも、決して偶然の符合ではないということができそうです。


ヒャッコ 第6話 「10コメ・向こう三軒両側に虎」


■ 招かれざる客

いつも学校で複数人でつるんでいる虎子たち。
プライベートでも仲が良いようで、今日は、友達の家で夕飯にお呼ばれしました。
といっても、この家の住民である伊井塚龍姫(いいづかたつき)は、虎子達を家に呼んではいないようです。

hyakko-06-27 
実は虎子達三人は、勝手に押しかけてきたのでした。
龍姫は社長令嬢で、皆は社長の家がどんなもんか覗きにきたようです。
迷惑ですね。


hyakko-06-37

龍姫の父母は仕事で家をあけることが多く、家政婦の小野トシ子さん(51才)が龍姫の身の回りの世話を全てしてくれています。
龍姫はこのトシ子さんのことを「もうひとりの母親のような人」だと表現していますから、家族のようなものなのでしょう。

hyakko-06-44 
トシ子さんの焼いてくれたクッキーを口にしながらはにかむ龍姫

hyakko-06-40

hyakko-06-39
おいしそうなクッキーをむさぼるように食べる三人。
彼女らの理屈では、おいしいものをくれる人は「めっちゃいい人」となるようで、
なんだか餌付けされた猿のようです。

そんな彼女らでしたから、夕食を食べていかないかという誘いにも二つ返事で応じます。

hyakko-06-52
家政婦のトシ子さんが、みんなでわいわい食べられるように用意してくれたのはモツ鍋のようです。

hyakko-06-51
たっぷりのモツの上にどっさりのニラ。
ぐつぐつと煮える具の中心で揺れる赤いトウガラシの攻撃的な色のアクセントが、がぜん食欲をかきたてさせる鍋。

hyakko-06-53
元気よく「いただきまーす」

トシ子さんは、初めてのお客さんに対し、遠慮せずにたくさん食べてくれといってくれていますが、この図々しい人たちにはそのような気遣いは無用のようです。


皆さっそくマイペースで食べてます。
ここでは、それぞれがそれぞれのキャラクターを表現した動きで食事をする様子が描き分けられています。

hyakko-06-70 
歩巳はトシ子さんに気を使いながら、おしとやかに。


大食いキャラの雀は、無駄口を聞かず黙々と食べます。
大食いのコツは自分のペースを崩さないことだそうですが、
小食の虎子と違って、慌てず騒がず自分のペースを守っているように見えます。


hyakko-06-57 
その反対に慌ててる虎子ですが、
熱々の豆腐を口の中で冷ましながら食べています。
考えるより先に行動する虎子は、とりあえず豆腐を口に放り込んだようですね。
やはり食べ方には性格が出ます。

ひたすら豆腐をハフハフしてる口元をクローズアップで描いたこのカットはインパクトがあります。
口から立ち上る湯気は鍋の熱さを表現しているだけではなく、画面になまめかしさを添えています。



hyakko-06-78 
食事の合間にお茶をすする龍姫。
彼女は特に食べることに執着はなさそうです。

家政婦のトシ子さんは、自分はあまり箸をつけずに給仕にまわり、
四人が食べる様子を嬉しそうに見守っています。
そして爆弾発言。
hyakko-06-79 
「なにせ龍姫お嬢様が友達を家に呼ぶなんて初めてで」
これには龍姫も慌てます。
まさに友達の前で空気の読めないお母さんの発言。
彼女が龍姫の第二の母親だというのも納得です。

 
「トシ子さん・・・はっきりいう・・・ハフハフ」
そんなぶっちゃけ話に感涙するふたりですが、食べることは忘れません。

hyakko-06-89 
楽しげな夕食は続きます。
普段家に家政婦と二人きりの龍姫は、こんなに大勢で夕食を摂ったのは久しぶりのことだったでしょう。

hyakko-06-87
まんざらでもなさそうな龍姫

彼女はラストシーンで歩巳にだけ「楽しかった」と発言しています。
龍姫にとって三人は招かれざる客でしたが、最後には歓迎されていたようです。




...おまけを読む (作品の感想と解説)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。