スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


太陽の牙ダグラム 第27話「戦場に来たデイジー」

titledaguram.jpg

サマリン博士を無事救出して、港のあるランベル市へ向かうゲリラたち。
日が沈むまでに山脈を越えたい彼らは、ぶっとおしで走り続けます。

この強行軍の途中に、取材に来たラルターフと、助手としてそれに同行してきたデイジーが加わって、しばらく行動をともにします。

daguram27-072820.jpg
ようやく休憩。
思い思いに休むメンバー。

daguram27-072821.jpg
クラッカーのようなものを食べる人も。
これは携行食料の乾パンだと思います。

daguram27-kuunanashi.jpg
乾パンを宙に投げて食おうとするナナシ。通称「キャッチ食い」。
これはあまり良い食べ方ではありませんね。
しかも失敗です。
daguram27-072817.jpg
くんくん
コーヒーのにおいに気づきます

daguram27-072823.jpg
ハックルに手伝ってもらって、コーヒーを淹れるデイジー。

daguram27-072822.jpg
そっけないクリン。デイジーをガン無視。

「あたいもらうよ」
「俺も!」
daguram27-nomurokkiys.jpgdaguram27-nomucanarys.jpg

デイジーの気遣いは好評のようですが・・・

daguram27-072818.jpg
「まさか火を焚いたんじゃないだろうね」

daguram27-072819.jpg
「熱源は車のバッテリーからとりました」と、ハックル。
ナイスフォローです。デイジーならやりかねません。


地球出身のデイジーに対する、キャナリーの態度に別に悪気はなさそうですが、
お嬢様vs庶民の女という火花が散ってるようにみえてハラハラしてしまいます。

「カップがふたつしかないので、飲み終わったら洗ってきます」

「洗うってどこでさ。そんなの回し飲みすればいいんだよ」
daguram27-072831.jpg
飲み終わったカップをチコに放り投げるキャナリー。

daguram27-072843.jpg
間接キッスですね。

daguram27-072832.jpg
カルチャーギャップに戸惑うデイジー。

20070728203916.jpg
 ちなみにデイジーは地球ではこんな食生活でした。(第2話より) 



カルチャーギャップの極めつけはナナシです。
カップが空くのを待つようにいうと・・・
daguram27-072833.jpg
「俺はこれでいいんだなっす!」

「あ・・・熱いですけど」

「慣れてっす! 大丈夫だなっす!」

daguram27-072834.jpg
おっかなびっくり熱いコーヒーを注ぐデイジー。

「いい匂いだなっすー!」
素手で 飲むナナシ。
daguram27-nomunanashi.jpg

飲み方はともかく、この人はコーヒーという嗜好品を香りからしっかり楽しんでいるようです。
野生児のふるまいとは逆の品のよさが、どこか感じられます。


「ゲリラの方ってお強いんですね」と目を丸くするデイジー。

daguram27-072838.jpg
「鍛えとるけんね」と見栄をはって、ナナシの真似をするジョルジュ。
daguram27-072839.jpg

大やけど。
daguram27-072841.jpg

「ナナシは普通じゃねえんだよ」と皆大爆笑。
daguram27-072842.jpg




daguram27-072846.jpg

再びクリンに差し出すカップ。

daguram27-072844.jpg

daguram27-072847.jpg

クリンはいいます。
「君の知っていた男は、もういないんだ」


daguram27-072849.jpg
岐路のジープの座席。
母からの手紙を読んでいるデイジー。
ラルターフが聞きます。
「どうするかね。その手紙の元へ戻るかね」

デイジーは少し微笑んでから、首を横に振りました。



daguram27-072848.jpg



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


...おまけを読む (作品の感想と解説)
スポンサーサイト

牙-KIBA- 第27話「戦士たち」

kibatitle.jpg

ネオトピアではいま、シャードキャスターの大会「ジャウスト」が開かれており、
ジーモットの3幹部のうちのふたり。
エルメイダとヌデューもこの大会にエントリーしています。

kiba27-071901.jpg

出場選手には、観覧席を兼ねた控え室が用意されていますが、
そこに出された料理。
kiba27-071900.jpg

カタツムリですね。
ヨーロッパでは良く食べられる食材ではありますが、
よく見ると、このカタツムリ動いています。

なんの調理もしてないようですが、
これは、ここネオトピアの料理(?)ではなく。
来賓のジーモットの選手のために特別にだされたもののようです。

kiba27-071902.jpg

最近ジーモットの幹部になった、ヌデュー。
彼のナルシストまるだしのおしゃべりが気に入らないのか、
もう一人の幹部エルメイダがいきなりカタツムリを投げつけます。

食べ物を粗末にしてはいけませんね。
この場合、生き物を粗末に扱ってはいけないというべきでしょうか(笑)

kiba27-071903.jpg


-----------------

なお、カタツムリという生き物は、広東住血線虫という寄生虫を媒介する中間宿主として有名です。

広東住血線虫は、感染した宿主の脳や脊髄を食い荒らすという、とても恐ろしい寄生虫で、悪くすると死ぬこともあります。
そのため、カタツムリを加熱しないで食べるのは非常に危険です。
たびたび加熱の不足で感染症を起こして、ニュースになったりしますが、
生で食べるなどは考えられません。

この世界には恐らく、カタツムリを宿主とする寄生虫がいないか、
衛生管理のしっかりした養殖をしていると考えられます。

寄生虫抜きにしても、生きたままで食べるなど考えられませんが・・・
だからこそ、演出的に効果的な食べ物といえますね。

日本でも魚介類の「踊り食い」という食文化がある以上、
動いている食材を食うことを「ゲテモノ食い」と称していいのかどうかわかりませんが。
この場面ではカタツムリを生きたまま食べることに、「ゲテモノ食い」の演出の意図があることは明らかに思えます。

恐ろしい軍事国家ジーモットの兵士を描写する小道具としては、ちょうどよい料理(?)でした。


牙-KIBA- 第19話 「暗黒の地」

kibatitle.jpg
アクションファンタジー作品『牙-KIBA-』です。

『牙-KIBA-』には、たくさん食べ物の描写がでてきて、
作画も丁寧かつ美麗なので、画像を見る分には楽しいのですが、
ファンタジー世界を舞台にしているわりに、現実とまったく同じ料理や食材が多く。
ファンタジーならではの食事シーンが少ないのが残念です。

そんななかで第19話でのネオトピアでの朝食シーンが
作品のカラーが色濃くでている食事の描写だったので、今回はこれをとりあげます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

kiba19-071201.jpg

ここはネオトピア。規律の国です。

政治や文化がそれぞれまったく違う、様々な形態の列強国家がひしめくこの異世界においても、ネオトピアはひときわ異質な国です。
頂点にたつ教皇の「絶対正義」が平和を維持するという思想の元、
「絶対規律」という強力な戒律で国民を束ね、勢力を伸ばしつつあります。

規律を破った者は死罪という極端な国でもあります。
その極端さをあらわすのが今回の食事シーン。

-----------------

まず朝の寝起きからはじまります。
サギリがなかなか起きようとしないので、兄貴分のノアが起こしにきました。

kiba19-071202.jpg
 「朝の鐘がなったら起きる・・・。きまりだろ」

しぶるサギリを、ノアがやさしく諭しますが、やさしい口調と裏腹に、ほとんど恫喝です。

 「これはこの国のきまりなんだから起きなければ罪になるよ」
 「上に報告してもいいのかい?」


kiba19-071200.jpg
「わかった・・・」
しぶしぶ起きるサギリ。
(起きなかったら、おそらく死刑です)






清潔な部屋での、清潔な朝食。
kiba19-071204.jpg


(メニューはわかりませんでした。)
kiba19-071203.jpg

ブロッコリーを残したサギリを、ノアがやさしく諭します。

「ここの食事は、一人一人の健康のために、きちんとカロリー計算がされているんだ」
(食べなかったらおそらく死刑です)


kiba-19kuusagiri.jpg

仕方なく口に放り込みますが、なんともまずそうな食べ方。
このあとサギリは隙を見て口からブロッコリーを吐き出して隠しますが、バレたら死刑ですね。

この二人は、ふたりともが、
ついこのあいだまでネオトピアの住民ではなかった新居者なのですが、
子供なりにこの国の戒律に違和感を覚えるサギリに比べ、
ノアのほうは、眼鏡キャラのせいか、絶対規律という理念とウマが合ったようで。
すんなりと洗脳されてしまったようです。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


...おまけを読む (作品の感想と解説)

BLOOD+ 第19話 「折れたココロ」

タイトル01

blood19-070103.jpg

冒頭で、初登場の”シフ”が通行人を襲います。
シフは人造の吸血鬼。
吸血鬼は”人間の血”が食事です。

blood19-kuushihu.jpg

作中で、(同じく吸血鬼である)小夜とハジが、”人間”から吸血をするシーンは一度もありません。
それは血液といえど、吸血は人間を「食う」行為に他ならず。
主人公側のキャラクターが、その禁忌を犯すことを恐れてのことでしょう。

blood19-070105.jpg


-----------------

blood19-070109.jpg
運転しながらピロシキを食っているルイス。

blood19-kuuruisu.jpg


気づくと、カイのぶんがありません。

blood19-070110.jpg
 「嘘だろ、全部一人で食いやがったのか・・・!」

blood19-070111.jpg

「だってぇ。デブキャラはいっぱい食べなきゃ力がでないんだよ~ん」

デブキャラの一番悪いところが出てしまいました。
リアルでこれを言われたら殴っていいと思います(笑)

食うためなら、なんでも犠牲にするのがデブですが、
自らのデブキャラを言い訳に利用するとは、もう救いようがありません。
「デブだから食ってもしょうがない」のではなく
そうやって
「自分に甘く、自堕落に食ってるからデブになった」のです!
ここを履き違えてはいけません。


-----------------


blood19-070112.jpg

エカテリンブルグのホテルに到着して、一息つく一行。
夕食には早い時間なので、食べているのは小夜だけ。
blood19-070114.jpg

小夜の前にある皿には、
イクラのトッピングされたゆで卵の前菜が山盛り。
blood19-070113.jpg

イクラはもともとロシアで食べられていたもので、「イクラ」もロシア語です。このオードブルもロシアの家庭料理だそうです。
魚卵と鶏卵をあわせるところが面白いですね。

blood19-kuusaya01.jpg

blood19-kuusaya01b.jpg


blood19-070123.jpg

リーザさんは紅茶だけ。
「食べることを娯楽にしたくないの」



blood19-070128.jpg
 ポロポロといくらをこぼして、ハジに注意される小夜。
blood19-070129.jpg


blood19-070131.jpg

「生き物は、生きるために必要だからこそ食べていく。それは生物である翼手も同じこと。
生きるために、人の生き血を食べる」


blood19-070135.jpg



『BLOOD+』では、食物連鎖がテーマのひとつに入っているようです。
単なるホラーでなく、吸血鬼を正面から描くとき、この食物連鎖の概念は外して通れないことに思えます。(そのことを明確に描いたのが『ジョジョの奇妙な冒険』の第二部だったと思います。)
『BLOOD+』においても、ここでの描写をみるとやはり、吸血鬼は、食物ピラミッドにおいて人間の上位にいる種族なのでしょう。


blood19-kobosusaya.jpg

blood19-ikurawtubusu02.jpg
 「食用のイクラは無精卵だから、どうせ魚にはならないのよ」 
イクラを指先で潰すリーザ。

blood19-070136.jpg

「翼手はなんのために存在するのか」
「あなたは誰のために生きているの」


禅問答のような難解な質問を繰り返し、不気味に”なにか”を小夜に問いかけるリーザ。

実はこのリーザは、彼女の姿に擬態したシュヴァリエ。
この作品世界において、シュバリエは捕食者で、人間は被食者です。
本物のリーザさんは、すでに食物連鎖の掟の中で、食われてしまっていたのです・・・

blood19-070137.jpg

そして小夜も人間ではないのでした。
おそらくは、シュヴァリエよりもさらに上、食物ピラミッドの頂点にたつ生物が小夜なのです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。