スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


太陽の牙ダグラム第33話 「戦火は村々に」



111901 
パルミナの中でも、高級に見えるレストラン。

111906 

連邦評議会議長ドナン・カシムの次男ロイルに、
ドナンの補佐官であるラコックが近づいています。

111902 

ラコックは、ドナンが自分を取り立ててくれる気がないことに気づき、独自の行動をし始めているのです。

同じく、ドナンから冷遇されていると思っている息子のロイルに、ラコックは目をつけたようです。



「ワインも地球のものに限る。デロイアのものなど喉も通らん」

「ワインは地球のものを飲みゃすむが、料理はどうにもならんね」

料理を食べながらいいたい放題のロイル。

たぶん上流階級で育ち舌の肥えた彼のいうことが正しいのでしょう。
デロイア産のワインをおいしそうに飲んでいるサマリン博士が、なんだかかわいそうに思えてきます。

このパルミナは地球の食糧庫であり、地球の料理も、パルミナをはじめとした惑星デロイアの地で生産された食材から作られていることが多いでしょう。

しかしロイルは上流階級ですから、そういった大量消費される食材とは無縁なのかもしれませんね。
デロイアには、まともな料理人がいないということもあるかもしれません。



そんなロイルにある入れ知恵をするラコック。
地球製の武器を、デロイアのゲリラに売ることを勧めています。

お坊ちゃんのロイルは、ラコックの底知れぬ思惑など知らずに、うまいことその口車に乗せられていきます。

111907

 

 

 




「われわれは若い。お互いこれからなんだ」

これは上機嫌でラコックと乾杯してワインを酌み交すロイルのセリフです。

若さや、冷遇されているといった似た身の上など、
通ずるところの多い二人の親睦の乾杯のようにも見えますが、
一皮むけば、互いを利用しようとする者同士の腹のさぐりあい。

しかし、食う者と食われる者がいくら杯をあわせても、最後には太った獣と骨が残るだけです。
野獣のようなラコックの思惑の前には、甘えの抜けない依存体質のロイルはあまりにか弱い羊のよう。
弱者はただ食われる運命にあるのです。



...おまけを読む (作品の感想と解説)
スポンサーサイト

みなみけ 第4話 「恋もよう」

minamike-title.jpg

南家には両親がいません。

私は原作漫画を読み込んでいないので、その理由はわかりませんが、
(あるいは作者も明らかにするつもりはないのかもしれません)
今回、彼女らには親しくしている叔父がいることがわかります。

minamike04-111700.jpg
この叔父は落ち込むたびに、南家に押しかけてくるらしく、
今回は彼女にフラれたので慰めて欲しいようです。


慰めの言葉をかけることすら危うい状態の彼から逃げ出そうと、無理やり台所を手伝う夏奈。

料理が苦手な夏奈の様子が3連発で描かれます。

minamike04-111703.jpg
 二刀流

minamike04-111704.jpg
 味噌汁に、食べているチョコレートをいたずらにいれようとする

minamike04-111705.jpg
 さんまに油をかけているところ

とくにチョコレートを入れようとしている夏奈の自然な顔がいいですね。
入れて当然という顔です。

ついに、回転しながら台所から放り出される夏奈。
kaitenkana.jpg

minamike04-111710.jpg


この一連の台所シーンや、食事の細かい描写は原作にはありませんが、よい原作の膨らまし方だと思いました。
(とくに夏奈がゆったりと回転する演出が好きです)


minamike04-111711.jpg

minamike04-syokuji.jpg

食卓を囲む全員が、バラバラのタイミングで食を進める手間のかかった作画。
このカットは短い時間ですが、こういう複雑な動きをする食事シーンにたまに出会うと感動します。

minamike04-111712.jpg
いち早く食事を済ませ、ごちそうさまと手を合わせる叔父。
(南家の家系は行儀がいいですね)

minamike04-111715.jpg
叔父は彼女から電話をもらって、
食卓をひっくり返しそうになりながら帰って行きます。

minamike04-111716.jpg
料理が床に落ちないように食卓をささえる三姉妹。
迷惑な来客でした。



この回はアニメのサザエさん方式で、関連のない3つのエピソードに分かれていますが、
真ん中のエピは、前後二つのエピソードをつなぐ橋渡しのような小ネタでしたので、
多くは語りませんが、冷蔵庫をのぞく仕草がまたでてきました。

minamike04-111718.jpg

『みなみけ』ではこの冷蔵庫を開けるという描写が非常に多く、
それがとてもよく、この番組の性質を現しているように思えます。



3つめのエピソード。
春香の通う高校のバレーボール部の話。

minamike04-111721.jpg
春香が、いつも一緒にお弁当を食べている二人はバレー部です。
二人が話しているのは男子バレー部の保坂先輩の話。

minamike04-111720.jpg
マキの「気持ち悪い」という彼への評価が正しいことが直後に証明されます。


minamike04-111719.jpg

ところで、春香の作るお弁当は、いつも可愛らしくておいしそうですね。
これは空揚げに、ハムと玉ねぎのマリネでしょうか。

minamike04-111722.jpg
可愛らしい弁当を、黙々と食べている姿もまたかわいらしいです。

そんな家庭的で愛らしい姿の春香を見て、
マネージャーになって汗を拭いてもらいたいという気持ち悪さまるだしの願望を口にする保坂。
minamike04-111723.jpg

minamike04-111717.jpg

気持ち悪い保坂の魔の手から春香を守るため、マキは保坂に嘘を吹き込みます。

春香には、子供がふたりいるといいだすマキ。
その子供とは、妹の夏奈と千秋のことですが、保坂はマキの嘘を信じ込みます。

しかし、保坂の気持ちの悪い欲望をくじくにはいたりませんでした。

minamike04-111724.jpg
保坂の脳内で繰り広げられる、春香プラス連れ子二人との新婚生活絵巻


バレー部の勧誘をかわし、そそくさと下校する春香。
彼女は、買い物に家事にと、部活などやっていられないくらい忙しいのです。

minamike04-111725.jpg
minamike04-111726.jpg

いつものように、買い物袋を手に下げて帰宅した春香を、妹たちが出迎えます。

minamike04-111728.jpg
飼い主の帰りを待つ従順な子犬のような千秋。

minamike04-111727.jpg
夏奈は開口一番 「春香メシだーっ!」
姉=メシ という単純な図式になってそうな夏奈の頭の中が素敵です。

親がいない家庭なので、長女が母親の代わりになってしまうのは仕方のないことなのでしょうね。

minamike04-111729.jpg


地獄少女 第18話「縛られた少女」

jigokusyoujyotitle.jpg

朝と夕方、引きこもりのおばさんの食事の世話をしている中学一年生の少女。

jigokusyoujyo18-052301.jpg

実はこの少女、飼い犬の命を握られてるので、おばさんの理不尽な命令を聞くしかないのです。

jigokusyoujyo18-052305.jpg



jigoku18-kuuobasan.jpg

上品な人間は、食べ方も上品。下品な人間は、食べるときも下品に。
この食事シーンの演出のセオリーにのっとり、よだれをたらしてブタのようにガツガツと食べるおばさん。

jigokusyoujyo18-052304.jpg

「まずい! つくりなおして」
「早く朝食をつくりなさい! あたしはおなかがすいてるの。まさかあたしを飢え死にさせて、あたしの財産を奪おうってんじゃないだろうねえ!」


jigokusyoujyo18-052300.jpg


容赦ない暴君となって、少女を縛り続けるおばさん。
少女はついに、地獄通信にアクセスするのですが・・・



...おまけを読む (作品の感想と解説)

BLOOD+ 第20話「シュヴァリエ」

タイトル01

前回小夜は、エカテリンブルグにて
自分でも忘れていた自分の正体を、敵のシュヴァリエから教えられショックを受けます。

blood20-070401.jpg

自らのルーツを探るためにヒッチハイクで、始まりの地「動物園」を目指す小夜。
そして従者のハジは、いついかなるときも小夜の側にいます。

フランスパンのサンドイッチ
 「運転手から頂いたものです」
サンドイッチを差し出すハジ。

blood20-070407.jpg
食欲のない小夜。

「もう3日なにも摂取していない。栄養の補給は欠かさないほうがいい」
この発言には「人間の血液」のことも含まれているのでしょうか。

blood20-070408.jpg

すぐ横では豚がぶうぶう鳴いています。
まとまって檻に入れられ運ばれているということは、出荷されていくところなのでしょう。

blood20-070409.jpg

『ベイブ』という子豚が主人公の映画がありましたが、
あれは豚の視点から、肉食の人間社会を見るという、なかなかホラーな童話でした。

隙間からハムのようなものが覗いているこのサンドイッチにも、豚肉は使われているようなので、これはけっこう毒の効いた構図に思えます。
必要以上に動画枚数を使って、豚を生き生きと描いているのは、
この構図を強調するための演出なのでしょう。

blood20-buubuu.jpg

食うものと食われる者が、檻を隔てて同じ車に揺られてゆく。

吸血鬼と人間の関係のようでもあり、
食物連鎖で連なるすべての生物の住む地球という星をまるごと象徴しているかのようにも思えてきます。

blood20-070400.jpg


みなみけ 第3話 「球蹴り番長再び」

minamike-title.jpg

今回のお話は「勝負」というお題のようです。

発端は、夏奈のクラスでの出来事でした。
球蹴り番長こと藤岡に、テストの点数勝負で負けた夏奈はピリピリしています。

minamike03-111300.jpg

その勝負の時間経過を表すシーン。
給食の時間に、親友のケイコちゃんのおかずを取ろうとしている夏奈のショットが入ります。

この絵は、OPでケイコちゃんのハンバーグを奪おうとしている夏奈と同じ構図ですね。
minamikeop-kyuusyoku.jpg

OP映像では、ケイコちゃんがうにうに動いてるのが面白いです。




さて家に帰ってきた夏奈。

minamike03-111301.jpg

テストの点数を妹にきくと、なぜかスナック菓子を勧められます。

minamike03-111302.jpg
「このエビマヨ味のせんべいおいしいぞ」


minamike03-111303.jpg


minamike03-kuukana01.jpg

minamike03-kuukana02.jpg


minamike03-111311.jpg
エビのフレーバーが口の中に広がり、
背景でエビがピチピチはねています。

minamike03-111312.jpg
夢中でバリバリ食べる夏奈。

minamike03-kuukana03.jpg
テンションがあがってきたのか、
変則的な食べ方をしてますね。

この一連のエビマヨせんべいを食べるシーンは、
パリパリ音をたてて、リズムよく喰らっていく様が、
「やめられないとまらない」とでもいうような勢いと食感を想像できて、見ていてとてもおいしそうです。

minamike03-111318.jpg

ひとしきり食べた後で、夏奈は、
ようやく話をそらされたことに気づきます。

minamike03-111328.jpg
渋々点数をみせる千秋。

「97点くらいで図に乗るな」という夏奈に
「お前は何点なんだ」と聞きかえす千秋。

(夏奈のテスト結果はだいたい60~70点くらいです)

minamike03-111319.jpg

妹との勝負に負けるわけにはいきません。
逆切れした夏奈は、千秋が飲もうとしていた牛乳を飲んでしまいます。

minamike03-111321.jpg
minamike03-111320.jpg

minamike03-111323.jpg


minamike03-111325.jpg
minamike03-111327.jpg

冷蔵庫の牛乳パックも横取りして一気飲み。

minamike03-111326.jpg


「どうだ。私の恐ろしさがわかったか」

minamike03-111329.jpg

といいつつ、おなかがダボダボで気持ち悪くなる夏奈。
試合に勝ってケンカに負けるとはこういうことをいうんでしょうか。
多分違うと思います。

このあと夏奈が動くとチャポチャポ音がするという演出が面白いです。
今回は、やたら「音」で生理的なツボに訴えてきますね。



このあとも夏奈の千秋に対する難癖は続き、
なぜか夏奈が料理をつくることになります。

minamike03-getemono.jpg

「人を感動させる料理を作れるか」というテーマでつくられたのがこの料理。


minamike03-111331.jpg

感極まってふたりとも倒れてしまったようです(笑)。



minamike03-creamstew.jpg

夕飯は春香のつくってくれたクリームシチュー。
材料の牛乳は、一本まるまる飲み干した責任をとって夏奈がもう一本買いに行きました。

minamike03-111334.jpg
「いただきまーす」と三人で手を合わせます。

minamike03-111336.jpg

おいしいものを食べたときの顔はいいものですね。

料理勝負は春香に軍配があがったようですが、
夏奈の料理があれでは、勝負にすらなっていませんね。



さて、しばらくたったある日。
夏奈は、宿敵球蹴り番長を懐柔しようと一計を案じ、家に連れてきます。
前日に夏奈がつくりすぎたカレーを処分するために、彼を頭数に加えようという魂胆もあったりします。

minamike03-111600.jpg

minamike03-111603.jpg

たぶん、カレーは夏奈が作れる数少ないレパートリーのひとつだと思われます。

夏奈がいつもの思いつきで、多少の妙なアイデアを出したとしても、カレー粉のインパクトなら、
あらかたの具財を、その主張の強い芳香の中に渾然一体と取り込んでしまうことでしょう。

minamike03-111601.jpg

minamike03-111602.jpg
minamike03-111604.jpg

しかし、カレーでさえも満足に作れないようで。

ルーの分量を間違え水を足したりルーを足したりしているうちに、
鍋三杯分のカレーができてしまったというわけです。

minamike03-111605.jpg
 おそらく普通の三分の一しか具が入ってないカレー

minamike03-111607.jpg

この迷惑な食事に呼ばれた球蹴り番長の藤岡くんは、なぜか大喜び。
いつの間にか南家の団欒の中に溶け込んでいました。

minamike03-araimono.jpg

minamike03-111608.jpg
minamike03-111609.jpg

この番組では、食後に食器を洗うシーンにくわえて、お茶をいれる描写が多いようです。

日常を描くうえで大事な「食事」にもうひとつ、リアリティをもたらすプラス1という気配りが、画面の中にアットホームで居心地のよい擬似空間を生み出しているように感じます。

minamike03-111610.jpg
さて、この団欒。
夏奈の作戦通りなのですが、仕掛けた本人は面白くありません。
自分が家族の中で阻害されたと感じたのでしょうか、いきなり藤岡くんを追い出します。

minamike03-111611.jpg
おみやげにもたされたカレーの鍋をつかんで呆然とする姿がよいですね。
このふたりの因縁の勝負はまだまだ続くようです。


みなみけ 第2話 「おかしな学校」

minamike-title.jpg

minamike02-110400.jpg

高校生の長女、春香の学校でのお弁当シーン。

minamike02-110401.jpg

購買部で買ったパンと、お弁当派にわかれます。

minamike02-110402.jpg

春香は、ボケキャラの友人マキの話を受け流してシカト。
漫才のようなかけあいです。

minamike02-kuutomodachi.jpg

マキがジャムパンを食べながら熱心に主張してるのは、
「パンツが見える制服はセクハラ」ということなのですが、
この件に関しては、話し出すと長くなるので触れずにおきます。

minamike02-jampan1.jpg


minamike02-kietajampan.jpg
カットが変わると、マキの食べていたパンがなくなっています。

minamike02-110410.jpg
どこにいったのかと不思議がるマキに、二人は「食べた」と犯人を教えてくれますが、
納得せずにパンを探すマキ。

-----------------

こういうことってけっこうありますよね。
食べた記憶がないということは、脳がそれを記憶してないということです。

人間の短期記憶は大脳の奥にある海馬という部分にいったん蓄えられますが、ここが病気で損傷したりすると、記憶障害を起こしたりします。
といっても、マキが病気なのではありません。

私など、車で同じ道をいつも運転していて、あるとき考え事をしていたら、
交差点をいくつも右折左折して通り過ぎていたことに後から気づいたことがあります。
その間の覚えはまったくありません。

普通、人間の行動は大脳が担当しているのですが、
いつもやっているようなルーチンワークは、そのうちにモデルプログラムとなって小脳がやるようになります。
大脳が他の事に考えが及んでいると、小脳が普段プログラムしておいたモデルに従って、いつものとおり仕事をきちっとやってくれているわけです。
『小人の靴屋』なんていう童話は、そんな体験から生まれたのかもしれませんね。

これが靴屋のような面倒な仕事なら便利なんですが、
食べ物の場合は、ものすごい損した気分になりますよね。

私は以前、ポケットにチーズを入れていて、
それがいつの間にかなくなっていたことがありました。
これは無意識に食ったのだろうと思ったのですが、
どうしてもあきらめきれずに、この作中のマキと同じように机の下を探したことがあります。

そのときは、・・・チーズありました。
本当に床に落ちている場合もあるので、簡単に諦めるものではないですね。

-----------------

さて、机の下にもぐって消えたパンを探していたマキは、
パンならぬ、春香のパンツがみえてるのを発見します。

minamike02-110412.jpg
「真っ白なパン・・・」までいったところで、
春香に口を掴まれ、力ずくで黙らされるマキ。

minamike02-110416.jpg
minamike02-110417.jpg


この、普段見せない春香の恐ろしい一面を描写するのに、
マキの口元のジャムが一役買っています。

minamike02-110414.jpg
minamike02-110415.jpg
手についたジャムをペロリとなめる春香。
これは血を暗示しているのでしょう。



場面変わってみなみけの夕食。

minamike02-110419.jpg


南家では、テレビを見ながら食事をとるのが習慣のようです。
テレビを見ながらの食事悪玉論は昔から根強くあります。

子供の「食育」の観点からみると、テレビをつけていると、家族の会話がなくなり、
そこで育った子供は、一人で食事を摂る個食児童と同じだなんていう意見があります。

しかし、南家では会話がなくなるわけでもなく、むしろ和気藹々としていますね。
私はこういう風な雰囲気のほうが普通だと思うのですが、
結局、テレビ程度で会話がなくなる家庭には、最初から家族間に意思疎通の問題が横たわっているんじゃないでしょうか。

 -----------------

minamike02-110422.jpg
クラスの男子と一緒に委員会の仕事をしていて遅くなったという春香に、
食事の席で、男子と「おかしなこと」をしていたんじゃないのかと問い詰める夏奈。
小学生の千秋に聞かれまいと、コソコソする春香。

minamike02-110421.jpg


minamike02-110423.jpg


面白がって、男と女が一緒にいるとおかしなことが起こると千秋に吹き込んでいた夏奈でしたが、
千秋の質問攻めにあって、逆に困ってしまいます。
minamike02-110425.jpg
 
「野菜を食べなさい」とごまかしますが、
千秋の中に一度湧き出た「おかしなこと」への疑問は尽きることがありません。
-----------------

それはともかく、食卓の上が気になりますね。

minamike02-syokutaku.jpg
第一話に続いて、またトンカツのようですが、大丈夫でしょうか。

あまりトンカツの献立が続くと、少年サンデーでやっていた『神聖モテモテ王国』というギャグ漫画を思い出します。
あれは、見事なまでにトンカツばかりを食っている漫画でした。
それは、食事=トンカツという雑なラベリングをすることによって生まれる、
ある種楽屋的な皮肉を狙った笑いだったのですが・・・

この作品はシュールなギャグではなく、正当なストーリー性を軸にもったコメディですから、
どちらにしてもトンカツが続くのはよくありません。


スライスされてる赤いのはトマトでしょうかね。
3人でもけっこうな量がありますが、栄養的にはこれでいいと思います。



翌日の放課後。

minamike02-potechi01.jpg
部屋でポテトチップスをつまみながら漫画雑誌をめくる夏奈。
ポテチがなくなってしまいました。

minamike02-potechi02.jpg
そこであきらめずに、なにやらドタバタやってるところが面白いです。
なにやってるんでしょうか。

袋の中に残ったポテチのクズを捨ててしまう人もいますが、
私は友人から、これを口に流し込むのが作法だと教わりました。
もしかして、この作品ならばそれを見せてくれるのかなと思ったのですが、
さすがに貧乏臭いですかね。
(ちなみに今回のポテチの描写は原作にはありません。)


-----------------
そのうち、勉強のことで言い争いになった夏奈と千秋。

minamike02-110436.jpg

ドサクサで「男女が一緒にいると起こるおかしなこと」を400字で説明しろと迫る千秋に、夏奈はしどろもどろ。

そこへ帰ってきた春香にこの難題をそのまま丸投げします。

minamike02-110438.jpg
minamike02-110439.jpg

夕食のリクエストで流す春香に、見事にはぐらかされる単純なふたり。

今回は、春香のおさんどんキャラの勝ちでしたね。
食事は人間にとって生命線ですから、家族の食欲を支配している人は、家のすべての権限をそれと知られずに握っているものです。
姑と嫁が台所の権利で争うのはそのためじゃないでしょうか。

minamike02-110441.jpg

二人のリクエストは、カレーとうどんでした。
今夜はカレーうどんです。



...おまけを読む (作品の感想と解説)

みなみけ 第1話 「南さんちの三姉妹」

minamike-title.jpg

いままで、放映終了したアニメ作品ばかり扱ってきましたが、
今回はこのブログにはめずらしく、現在放送中のアニメを扱います。

というのも、深夜にテレビをつけていて、
たまたま、このアニメの第一話のOP見て興味を引かれたからです。

 「この物語は南家3姉妹の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。」 

というテロップから始まるOP。

その宣言どおり、このアニメは三姉妹の日常を描くようで、
日常を演出するには「食べ物」の描写は不可欠だろうと、眼を見開いて注視していたところ。
それに続くOP映像には、食べ物や調理のシーンが盛りだくさん。

minamikeop-102505.jpg
minamikeop-102506.jpg
minamikeop-102507.jpg
minamikeop-102510.jpg

これは本編も期待できるに違いないと、視聴を決めました。
そして、第一話からその期待通りの内容でした。



南家の朝。
料理シーンから始まります。
minamike01-102515.jpg
minamike01-102516.jpg

どういう事情か知りませんが、この家には両親はいないようで、
姉妹だけでマンションに暮らしているようです。

三食はすべて、高校生の長女がつくっているようですね。
しかしこの日は長女の春香が遅くなるので、
夕ご飯の支度を中学生の次女の夏奈に頼んでいったようです。



minamike01-102517.jpg
そのことをすっかり忘れてダラダラしている夏奈。
ポテチを食い散らかし、缶ジュースの中身がこぼれているというひどいだらしなさ。
夏奈は、小学生の三女千秋を巻き込んで夕食を作ろうとします。

minamike01-reizouko.jpg

minamike01-102522.jpg

冷蔵庫の中からの凝ったアングル。
食品や調味料の、手抜きのない緻密な描写がうれしいです。

minamike01-102519.jpg
とんでもないゲテモノのイメージが千秋の頭をよぎる

しかしOP映像を見る限りでは、この次女は「料理下手」というキャラ付けらしく、
千秋もそのことを見越して出前をとろうとしますが、
ドタバタコメディですからそうはなりません。

minamike01-102525.jpg



minamike01-102526.jpg

二人の話し合いで、ホットケーキをつくるという案に落ち着きますが、このまま無事に済むはずもなく…

minamike01-102528.jpg

minamike01-102527.jpg
minamike01-102529.jpg

minamike01-102530.jpg
ホットケーキの定型から外れたいい加減なアイデアをバンバン出す夏奈。
まずい料理屋によくあるパターンです。

minamike01-102532.jpg
minamike01-102531.jpg

見るも無残な汁が出来上がり、それを飲めと強要されています。

minamike01-102537.jpg
minamike01-102538.jpg


結局、夕飯は長女の春香が作ったようです。

minamike01-102539.jpg

これはトンカツですかね。
帰りに惣菜を買ってきたのでしょうね。
明日の夕飯のおかずのつもりだったのかもしれません。

日常を売り文句にしている番組ですから、当然のように夕飯のあとの後片付けのシーンもあります。
生活感を出すには欠かせない描写ですね。

minamike01-102540.jpg
minamike01-102541.jpg





次の朝、
寝坊をしたため朝食を食べる時間のない夏奈。

minamike01-102544.jpg
 差し出されるおにぎり。長女ならではの気づかい

minamike01-102545.jpg

愛もカロリーも足りないと、なかなか気の利いた愚痴をいう夏奈。
次女にしては甘えん坊なのが、彼女のキャラクターなのでしょうね。

minamike01-102546.jpgminamike01-102547.jpg

妹に軽くあしらわれて、おにぎり一個で学校へ行くことになりますが、ぜんぜんたりません。

minamike01-kuukana.jpg


minamike01-102553.jpg

給食が待ち遠しいようで、フォークとナイフを持っています。
なんとも、わかりやすい空腹キャラですね。


天然アホキャラの夏奈は、この作品のギャグメーカーのようですが、
それだけではなく、三姉妹の中でも主人公の位置にいるんじゃないかと思います。

このキャラが中心にいないと、物語も回らないし、食べ物ネタも広がらないように思います。
まだまだゲテモノネタも広がりそうですし、そういった視点からも今後の夏奈の活躍には期待してます。



...おまけを読む (作品の感想と解説)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。