スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


太陽の牙ダグラム 第48話 「その名は解放軍遊撃隊」



アンディ鉱山を経営する地球三州(ミンガス州、コホード州、ローディア州)は、
連邦議会で最大派閥であるメドール州が、デロイアで大きな顔をしていることが気に入りません。

彼らは連邦に足並みを揃えないばかりか、デロイアでの権益を握るために革命の手助けすらしています
メドール選出議員であり連邦評議会の議長でもあるドナンは、地球連邦の意思を統一するため評議会を召集し、地球に一時帰郷しています。


■カシム家の食卓

久しぶりに家長が食卓に座っているカシム家の夕食風景。

食卓合成A48-08 
上のふたりの兄が、まだ仕事から帰らないので、
お預けを食らっている長女の双子の子供たちがぐずり始めました。
仕方ないので先に食事を始めることに。

48-11 
48-10 
シリーズ冒頭にでてきたカシム家の食事風景は、ぞんざいな描かれ方でしたが、
この回は大事なシーンのためか、けっこう丁寧に描写されています。給仕の動作や、食べ方も丁寧に描かれています。

サラの皿 
48-12 



やがて、遅れて帰宅した兄たちも席に着き、
クリンを除く一家全員が久しぶりに集まりました。

 食卓合成B
48-16 48-14 

数ヶ月ぶりに離れた家族が集まっての食事というのに。
皆がそろったとたん、はやくも殺伐としています。

この家の台風の目は、いつもクリン。
地球の役人である長兄ラビンと、地球の商社に勤める次男ロイルは、
クリンのせいで商売もままならないと父親に詰め寄り、
楽しいはずの食事は一気に紛糾します。

48-26 
「逮捕するなり 首に縄をつけるなりして あいつを強制送還したらどうなんです!」

48-27 
「第一恥ですよ! 地球評議会議長の息子が反政府ゲリラに加わっているなんて!」

いきり立ったラビンたちの怒りの火の粉は、長女サラの婿であるレークにまで及びます。

そのレークは、危険を冒してまでクリンに直に会いに行きましたが、
この兄たちは、命じれば、誰かがすぐにそれをやってくれると信じています。
クリンはすでにゲリラの主要メンバーですから、彼を拘束して誘拐してくることの難しさも念頭になさそうです。
ドナンの息子たちは、ゲリラになってしまったクリンも含めて、とてもドナンの望むように育ったとはいえそうにありません。

48-28
あまり語らず、ワイングラスを傾けるドナン


あげくにラビンは言い放ちます。

「母さんなら血がつながっているから、あいつのしていることが理解できるでしょう」

48-30 48-29 
 席を立つラビン

もうこの家庭はめちゃくちゃですね。
食事は家族をつなぐアイテムのはずですが、彼らはまったくつながっていません。
上の三人の兄妹は、クリンとは腹違いなのですが。
そういうことを平気で口に出す時点で、まともな家族ではありません。


ただドナンも人の親、子供はみな等しく可愛いはず。
そんな中にあって、ドナンがクリンだけに別格の情を注いでいるととれる描写がでてきます。


■獅子の子

末っ子は一番可愛いとよくいいますが、ドナンの場合それだけではなく。
クリンがただひとり自分の血を、すなわち、
自分の気性や性質をもっとも濃く継いでいるのだと思っているようです。

手元に置いておきたいはずの末っ子クリンが、
ドナンの望まぬ道へ行ってしまったのは確かに残念ではあるのでしょうが、
それゆえに、ドナンはクリンを地位ではなく血の後継者として認めているのだと思われます。

自分の血が流れているからこうなったと、
我が身を責めるクリンの母親フィナに、ドナンはいいます。

48-31 
「クリンは兄弟の中で、わしの血を一番引いておるのかもしれん」

一見、妻を気遣ってかばっているような会話ですが。
この場面のドナンはむしろ、息子は俺の血を引いてるのだと、
妻を相手に、子供をとりあってるようにも見えます。
不肖の息子のはずなのにです。


48-33 

「道は違うが、あいつはあいつなりに自分の道に自分を賭けている。
他人の目ばかり気にするラビンたちとはそこが違う。
お前のではない、あいつはわしの血を引いているんだ」

獅子が千尋の谷に我が子を突き落とし、這い上がってきたもののみを育てるように、
ドナンもまた、クリンを戦乱のデロイアに野放しにすることで、息子がどのように成長していくのかを楽しみにしているのかもしれません。
たとえ利害が反目して、息子を自ら殺すようなことになってもです。

「ラビンたちとはそこが違う」というドナンのセリフは、
「底が違う」=器の大きさが違うと、末っ子へ賛辞を贈っているようにも聞こえてきます。



...おまけを読む (作品の感想と解説)
スポンサーサイト

墓場鬼太郎 第4話 「寝子」


水木家の朝の風景。
水木が会社に出かけていきます。

鬼太郎もこれから学校に行かなければならないのに、なんだか呆けています。
下の階で家主の孫娘、寝子が口ずさんでいる歌に、デレデレと聴きほれているのです。

053101

テーブルの上では、なにか動いてます。
どうやら目玉オヤジが、息子の弁当を作っているようです。
育ての親の水木は、もう彼らの食生活にはあまり口をださないのでしょう。

目玉オヤジが、弁当を詰めながら何かつぶやいてますね。
「とれたての・・・」ってなんでしょう。

053103
あっ、なにか入れました。

053106 
053107

鬼太郎が弁当を忘れて出かけようとしたので。
必死に追いかける目玉オヤジ。

こんな姿になっても、きちんと親の務めを果たしているのですね。
息子に弁当を持たせるところなど立派です。


053110

学校で鬼太郎は人間の子供たちに混じって学んでいます。
しかし鬼太郎の目的は寝子なので、授業は上の空です。




053114 
ようやく昼休みになって、弁当を広げ始める子供たち。

053116 
不機嫌そうに弁当を食べている寝子に、頭にたんこぶをつけた鬼太郎が謝っています。

  053113 

たんこぶは、トイレで痴漢に間違われて寝子に殴られたせいなのですが、
それよりも鬼太郎の持ってきたお弁当が気になりますね。

053117
「恥ずかしくて出せないや」

053119 
「父さんの作るおかずはセンスがないからなあ・・・」

 

もしゃもしゃと弁当を隠しながら食う鬼太郎。

弁当というのは、家庭の生活レベルを公共の学校に持ち込む行為ですから、
あまり裕福でない家の子供は、弁当の時間に肩身の狭い思いをするかもしれません。
国民のほとんどに中流意識が芽生えるのは、日本が高度経済成長期に入った昭和40年代になってからです。

この作品の舞台となっていると思われる昭和20~30年代では、このような光景はよく見られたようですね。
シャイな少年鬼太郎も、好きな女の子に弁当を見られないように食べているのです。

(※内閣府発行の1967年度国民生活白書では「8割の国民に中流意識」とあり、ほぼ同時期の1966年度の国民経済白書では「半数に中流意識」となっているので、この「中流意識」は調査方法によって変わるようなかなりあいまいなもののようです。世論調査の具体的な数字は1967年の「国民生活に関する世論調査」にて89.2%が自らを中流と答え、1979年度では91%と高い数字で推移しています)


053122 
しかし隠されると余計見たくなるもの。
鬼太郎がどんなおかずを食べてるのか視聴者の私も気になります。

053124 
寝子の鼻がピクピクと動きます。

053127
「鬼太郎さん。あなたの食べているのはドブネズミでしょう?」

目玉オヤジが弁当箱に入れていたのは、なんとドブネズミだったんですね。
さすが幽霊族の弁当はひと味もふた味も違います。

しかし、お弁当の中身のことを執拗にきいてくる寝子ちゃんの顔が怖いです。
さっきのトイレの件をまだ怒ってるんでしょうか。


053130 
「どうしてそんなもの学校に持ってくるのです?」

たしかにドブネズミを持ってくるのは非常識ですが、
そんなに怒ることはないのに。


053132 

あっ鬼太郎に飛び掛りました。
どうやら鬼太郎の弁当を奪おうとしてるようです。



三味線屋の娘、寝子はねずみの匂いを嗅ぐと猫になってしまう妖怪猫娘です。
一緒に住んでいるおばあさんは何者なのかわかりませんが、
あるいは、おばあさんも妖怪なのかもしれません。

原作では三味線を作ったあとに残った猫の頭を山積みにして店先で売っている描写があるので、
猫の怨念で孫娘だけこのような姿になってしまったのかも。


そういえば、第3話で、屋根裏部屋にネズミ捕りを仕掛けにきた描写がありました。
あれは彼女の「食事」の用意だったんですね・・・。

060101
ネズミ捕りを持って顔を赤らめる寝子



053139 
ねずみのシッポがとびでたままの弁当箱を持って、寝子から逃げ回る鬼太郎。
学校の外まで逃げますが、ついに捕まってしまいます。

053141 
053142
ドブネズミを貪り食う寝子。

053143

食ったら元に戻るシステムらしく、
我にかえった寝子は美少女の姿に戻り、さめざめと泣きます。
化け猫の姿を皆に見られてしまったので、もう学校に行けないと嘆く寝子。



053145

そんな寝子の相談相手となる鬼太郎。
人間でないふたりは通じ合うところがあったのでしょう。
すっかり打ち解けていいムードです。
鬼太郎の初恋は成就するのでしょうか。

そこにまたねずみの匂いが・・・

運の悪いことに、ねずみ男が川原で昼寝をしていたのでした。

053153 

ねずみ男は風呂に入っていないので、強烈な体臭を放っているのですが、
猫にはたまらなく良い香りのよう。
寝子も、本能の赴くままにねずみ男に飛び掛ります。

053147 

あわや、ねずみ男一巻の終わりか。



頭の部分をよくみると、ちょっぴりカジられてます。
原作ではこの傷は、脳に達する傷で、
脳みその一部をもっていかれたねずみ男は大事な記憶がとんでいますが、
アニメ版ではそういう描写がないので頭皮だけなのかもしれません。

053151 

しかしねずみ男も必死、なんとか寝子の追撃を振り切って逃げ切ります。

053156

「大きな獲物を逃しましたねえ」
「くやしい・・・いつかきっと食べてやるんだから!」

堂々とした化け猫らしいセリフがかっこいいと思います。
やはり猫娘はこうでなくては。



しかし、寝子の悩みは深刻です。
ひとまず「ねこや」に戻って、これからの身の振り方を相談するふたり。

053158 
053157
053159

出された茶菓子を遠慮なくバクバク食う鬼太郎。

べつに深刻な相談をないがしろにしているわけではないのですが、食い気は別。
食えるときに食っておくのが、絶滅寸前の幽霊族の鉄則です。



053164

これでも真剣に考えてるのです。
(モシャモシャ)

053166

その証拠に鬼太郎は、寝子のためにかなりの尽力をし、
寝子は一躍テレビで人気者になるのですから。

053168 

しかし、それがさらなる悲劇のはじまりでもありました。
鬼太郎の初恋の行方は、残酷な結末を迎えることになります。
鬼太郎の行くところには不幸しかないのでしょうか。
その不幸を呼ぶ力で、自分自身をも不幸にしてしまう呪われた少年鬼太郎。

そして彼は今日もおなかをすかせています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。