スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒャッコ 第6話 「10コメ・向こう三軒両側に虎」


■ 招かれざる客

いつも学校で複数人でつるんでいる虎子たち。
プライベートでも仲が良いようで、今日は、友達の家で夕飯にお呼ばれしました。
といっても、この家の住民である伊井塚龍姫(いいづかたつき)は、虎子達を家に呼んではいないようです。

hyakko-06-27 
実は虎子達三人は、勝手に押しかけてきたのでした。
龍姫は社長令嬢で、皆は社長の家がどんなもんか覗きにきたようです。
迷惑ですね。


hyakko-06-37

龍姫の父母は仕事で家をあけることが多く、家政婦の小野トシ子さん(51才)が龍姫の身の回りの世話を全てしてくれています。
龍姫はこのトシ子さんのことを「もうひとりの母親のような人」だと表現していますから、家族のようなものなのでしょう。

hyakko-06-44 
トシ子さんの焼いてくれたクッキーを口にしながらはにかむ龍姫

hyakko-06-40

hyakko-06-39
おいしそうなクッキーをむさぼるように食べる三人。
彼女らの理屈では、おいしいものをくれる人は「めっちゃいい人」となるようで、
なんだか餌付けされた猿のようです。

そんな彼女らでしたから、夕食を食べていかないかという誘いにも二つ返事で応じます。

hyakko-06-52
家政婦のトシ子さんが、みんなでわいわい食べられるように用意してくれたのはモツ鍋のようです。

hyakko-06-51
たっぷりのモツの上にどっさりのニラ。
ぐつぐつと煮える具の中心で揺れる赤いトウガラシの攻撃的な色のアクセントが、がぜん食欲をかきたてさせる鍋。

hyakko-06-53
元気よく「いただきまーす」

トシ子さんは、初めてのお客さんに対し、遠慮せずにたくさん食べてくれといってくれていますが、この図々しい人たちにはそのような気遣いは無用のようです。


皆さっそくマイペースで食べてます。
ここでは、それぞれがそれぞれのキャラクターを表現した動きで食事をする様子が描き分けられています。

hyakko-06-70 
歩巳はトシ子さんに気を使いながら、おしとやかに。


大食いキャラの雀は、無駄口を聞かず黙々と食べます。
大食いのコツは自分のペースを崩さないことだそうですが、
小食の虎子と違って、慌てず騒がず自分のペースを守っているように見えます。


hyakko-06-57 
その反対に慌ててる虎子ですが、
熱々の豆腐を口の中で冷ましながら食べています。
考えるより先に行動する虎子は、とりあえず豆腐を口に放り込んだようですね。
やはり食べ方には性格が出ます。

ひたすら豆腐をハフハフしてる口元をクローズアップで描いたこのカットはインパクトがあります。
口から立ち上る湯気は鍋の熱さを表現しているだけではなく、画面になまめかしさを添えています。



hyakko-06-78 
食事の合間にお茶をすする龍姫。
彼女は特に食べることに執着はなさそうです。

家政婦のトシ子さんは、自分はあまり箸をつけずに給仕にまわり、
四人が食べる様子を嬉しそうに見守っています。
そして爆弾発言。
hyakko-06-79 
「なにせ龍姫お嬢様が友達を家に呼ぶなんて初めてで」
これには龍姫も慌てます。
まさに友達の前で空気の読めないお母さんの発言。
彼女が龍姫の第二の母親だというのも納得です。

 
「トシ子さん・・・はっきりいう・・・ハフハフ」
そんなぶっちゃけ話に感涙するふたりですが、食べることは忘れません。

hyakko-06-89 
楽しげな夕食は続きます。
普段家に家政婦と二人きりの龍姫は、こんなに大勢で夕食を摂ったのは久しぶりのことだったでしょう。

hyakko-06-87
まんざらでもなさそうな龍姫

彼女はラストシーンで歩巳にだけ「楽しかった」と発言しています。
龍姫にとって三人は招かれざる客でしたが、最後には歓迎されていたようです。




...おまけを読む (作品の感想と解説)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。