スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はじめに

以前から、アニメ作品に登場する食べ物を羅列してみたいと思い、アニメに食べ物が出てくるたびに、趣味でキャプチャーをして画像を集めてはいました。

ただ、そこから実際にブログという形にする意欲まではなく、だらだら画像だけ増えていったのだけど、やはりブログなどの秩序のある形式でまとまってないと見にくい。

今回、FC2のブログが良いと聞き、試用ついでに、以前から考えていた、このアニメの食い物ブログを作ってみました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

アニメ作品は、いうまでもなく絵で描かれたものであり、
登場人物も絵で描かれた架空の人物です。

アニメに血を通わせるのは、動画という工程によって
残像を動きとして認識する、人間の錯視を利用したトリック。

手塚治虫がアニメ製作に没頭したのも、
この「アニメーション」の語源でもあるアニミズムの部分。
つまり命を吹き込むことに快感を覚えたからであり、

この「動画」が、ハード面の技法上のアニミズムの表現ならば、
ソフト面、内容如何によって、キャラクターに命を吹き込む方法もいろいろ存在するはず。

もっとも代表的なのが、人間の本能に直結する部分を描写するテクニックじゃないだろうか。
つまり三大欲の、性欲、食欲、睡眠欲を意図的に作品内に取り入れることによって、そのキャラクターがフィクションの垣根をひとつ飛び越えて、現実の我々と同じ空間で生活しているかのような錯覚を視聴者に覚えさせる。
そういうアニミズムもあると思うのです。

------------------

といっても、なにもこれは、アニメ作品に限ったことではなく、
むしろ「絵が動く」という専売特許をもったアニメというメディアよりも、漫画や小説といったものでこそ有効なものだと思いますが、
アニメは「動く」上に「食う」のですからよりビビッドな表現となるでしょう。しかもカラーなんです。

キャプチャー画面だけでは動くところまでは再現できませんが、
アニメーターたちが、資料写真を片手に、こういう描き方だと美味そうなんじゃないだろうかと気を配って、アニメというフィクション世界用に変換した絵は、見てるだけでも面白い。

いつまできちんと継続できるかわかりませんが、そういうブログにしたいです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gugugu001.blog70.fc2.com/tb.php/1-a45b325e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。