スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『GUN×SWORD』第5話 「ツインズガード」

title.jpg

第5話には、双子の姉妹がそれぞれ二分して支配している、岩穴に作られた研究所のような街がでてきます。
gun5-0028.jpg

一気にSF調になりましたが、食べ物もそれなりに変化してます。
トレーですね。
gun5-0026.jpg

だいたいSF作品に食べ物がでてくるときは、この給食のようなトレーに配膳された料理がでてくることが多いように思います。

のちに紹介しようと思っている『新世紀エヴァンゲリオン』や『機動戦士ガンダム』『超時空要塞マクロス』といったSF作品でも給食トレーが使われていました。
もっともこれらは、集団生活をしている軍隊的性格の組織を舞台としたお話ばかりなので、むしろそっちの理由のほうが大きいとは思いますが。

ともかく、この『GUN×SWORD』初となるSF然とした場所での食事は給食トレーだということが印象的でした。
gun5-0030.jpg

------------------
ヴァンとウェンディにだされたメニューは、見た目から察するに・・・
パン。
ソーセージ2本。
スパゲッティ。
コーンとレタス。
ポタージュ。
マーガリン。
コーヒー。

ブラックコーヒー以外は、まさに給食ですね。
相手はボディーガードを依頼してきた依頼人ですから
これは、ヴァンたちがあまり歓迎されてないという意味ではなく、この依頼人たちの食生活が機能的に特化しているという描写だと思います。
このお語を最後までみると、その理由も納得なのですが。

ただ、栄養価を重視した機能的な食事がこれだとすれば、野菜が少し足りないですね。





■ 脚本家のクセ
長くやっている脚本家は、同じテーマを繰り返し使うことが多いと思うのですが、倉田英之という脚本家は、双子の姉妹がいがみあうというシチュエーションが好きみたいです。

メイン脚本を勤めた『バトルアスリーテス大運動会』でもそういうお話がありました。
ただしその回の脚本は、たしか盟友黒田洋介が担当していた気がしますが、その黒田氏も『無限のリヴァイアス』において、いがみあう兄弟というシチュエーションを熱筆しています。

お二人ともこのテーマに、なにか思うところあるのでしょうか。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gugugu001.blog70.fc2.com/tb.php/23-2644df3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:ガン×ソード/第5話 「ツインズガード」

品質評価 0 / 萌え評価 11 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 23 / シリアス評価 79 / お色気評価 5 / 総合評価 21レビュー数 34 件 全てが左右対象の、奇妙な2つの街。ヴァンはその片側の町に用心棒として雇われた。 ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/08/29 21:19】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。