スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


涼宮ハルヒの憂鬱 第5話 「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅲ」

haruhititle240.jpg haruhi05-0000.jpg


今回は食べ物というテーマからは若干それますが、
親戚の「飲み物」に重点をおいて語りたいです。

人体の60%は水分でできていますから、
飲み物は、食べものと同じく、生きるという本能に直結したアイテム。
食物の飢餓感と渇きのそれは別物だと私は思いますが、大雑把に言って同じ方向の摂取の欲求です。

飲み物を使った演出では、食べ物と同じくキャラクターの行動に説得力を生み出す効果があるはずです。

違うところがあるとすれば、
飲み物のほうが、食べ物よりも、メンタルな部分に直結しているように感じます。

渇きを癒すのはもちろんですが、嗜好品としてリラックスに活用したり、食べ物を流し込んだり、渇きを癒すのとは別の意味で、水分を摂取する場面のほうが圧倒的に多いと思うのです。
むしろ喉が渇いてしょうがないときのほうが珍しいくらいではないでしょうか。

そういった飲み物が今回のピックアップ対象です。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて今回、SOS団は、世の中の”不思議”を探しに街へ散策にでかけます。

haruhi05-0001.jpg


せっかくの休日をこの無意味なイベントに付き合わされることになったキョンですが
ハルヒのルールにより、この日の非参加者は死刑になるので、しぶしぶ参加します。
haruhi05-00.jpg

ここで2組に班分けするのですが、ハルヒは終始イライラしています。
その”イライラ”のワケが判明するのは最終回。
ともかく尋常でないイライラがハルヒを襲い、それはやがて、あろうことか世界の崩壊に繋がってしまうのです。
haruhi05-01.jpg

このなんとも物騒な”イライラ”の小道具に使われてるのが「飲み物」です。
とくに飲み物である必要はないと思うのですが、昼食の時間ではないこともあって、ハルヒの”イライラ”がストローの吸引力で表現されています。




昼食。
haruhi05-0004.jpg


ファストフード店のボックス席に座る5人。
二人掛けのようにみえるソファに三人は窮屈そうです。
haruhi05-0003.jpg


haruhi05-haruhi05-0005.jpg
二回目の班分けでもハルヒのイライラは頂点に達しようかという勢いです。

h-5nomuharuhi.jpg

ここでもハルヒは○ックシェイクのストローにかぶりついてます。
まるでタバコを一服することで精神の安定を図ろうとするかのように。

どうやら、世界の終わりも近いようですね。

------------------

さて、後半の長丁場。
謎の転校生、小泉君がついに自分の素性と目的を明かすシーンについて書きたいです。
haruhi05-0010.jpg

haruhi05-0011.jpg


このシーン、小泉君の語る話は非常に面白いのですが、
いかんせん長台詞のうえに、難解で理屈っぽい話がつづくので、
演出的にはきついシーンだと思います。
逆に言うと、ここが演出家の手腕の見せ所でもあるわけですが。

そこで登場する小道具が「飲み物」です。

haruhi05-0012.jpg

ふたりの会話は、
まず紙コップに注がれた飲料(仮にコーヒー)をテーブルに置くことから始まります。

haruhi05-0013.jpg

現実に、こういう打ち明け話を持ちかけられた場合もそうでしょうが、
なにか口にするものがないと場がもたないというか、
たとえば、商談などの場に食事ともなうのは、美味しいもので場をなごませて事をうまく運ぶといった効果があるためといいますが、
もうひとつ
「これを食べ終わるまで(あるいは飲み終わるまで)は、この場を動かない」
という、暗黙の契約が含まれているように思うのです。


このことは、この場面を見ている視聴者にとっても同じで、
コーヒーをテーブルに置くことで、
「さあ長い話がはじまるけど、覚悟してちゃんと聞けよ」
と、前置きをする効果があるのではないでしょうか。

haruhi05-0016.jpg

そして、ここにコーヒーという小道具があるだけで、
場がしっぽり収まるというか。
会話を、よりテンポよい会話たらしめるような相乗効果も、
同時にもたらしているように思います。
haruhi05-0015.jpg


このシーンの演出では、ほかにも凝ったレイアウトなどを駆使してますが、
やはりこの紙コップのコーヒーがなければどこか寂しい。
視聴者にとっても”手持ち無沙汰”な印象のシーンになったと思います。
haruhi05-0014.jpg


飲み物の場合は、食事よりも、より気軽にセッティングができるため、
この効果を狙ったとき、たいへん利便性の高いアイテムといえます。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gugugu001.blog70.fc2.com/tb.php/31-1a41f9d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)/第5話 涼宮ハルヒの憂鬱 

品質評価 26 / 萌え評価 70 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 6 / お色気評価 24 / 総合評価 24レビュー数 202 件 第5話 涼宮ハルヒの憂鬱  についてのレビューです。 ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/10/02 19:51】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。