スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


太陽の牙ダグラム第14話「やっかいな捕虜」

titledaguram.jpg

最凶の傭兵部隊、ガルシア隊に追われながら
仲間の待つボナール市へ向かう、若きゲリラ部隊デロイア7。

daguramu14-050801.jpg

前回の
第13話「敵補給隊から奪え」では、
武器弾薬、燃料、食料。 すべて尽きた彼らが、
ガルシア隊の補給部隊をおびき寄せて襲い、この問題を解決したので、
この時点では食料があります。


daguramu14-050800.jpg
ただし、これも焼け石に水だったようで、
水のタンクを破損するという不幸なアクシデントも手伝って、
デロイア7はいよいよ窮地に陥ることになるのですが・・・
それは次回のお話。





daguramu14-050802.jpg

さて、敵をやり過ごし、休憩をとることになったクリンたち。
フェスタが嬉々として食料を配り始めます。
daguramu14-050803.jpg

敵兵のハックルはひとりだけ食事をもらえません。
捕虜はつらいです。
daguramu14-050806.jpg



若いのに、ぽっこりと腹が出ているフェスタは、やはり食いしん坊のようですね。
daguramu14-050805.jpg

  「この缶詰、意外とうまいんだよな」




フェスタのこの発言から、この缶詰。
正規軍の食料ではないことがわかります。

デロイア7は結成して日が浅く、
ついこのあいだまでは地球で暴走族をやっていたわけですから、
フェスタが軍の横流し品を食べたことがあるとは考えにくいです。
(ただし、彼が銃の火薬の匂いが好きだと発言する描写があるので、軍隊経験がある可能性もありますが)
daguramu14-050809.jpg

daguramu14-050811.jpg


一般に軍隊で配給される食料は、
レーション」「戦闘糧食」「糧秣(りょうまつ)」などと呼ばれ、
軍隊用に、栄養価や保存性を考えて特別製造されて納品されているものです。

世界的に見ても、正規の国軍はこういった糧秣を軍備のひとつとしてして製造備蓄しています。

ガルシア隊は連邦の正規軍ではなく傭兵部隊ですから、
やはり傭兵の補給部隊は市販品を扱ってるのでしょうか。

daguramu14-050812.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
ちょっと脱線しますが、レーションについてもう少し。

世の中には、レーションマニアという方々がいて、
私も、世界のレーションの食べ歩きをしているマニアックな人がラジオに出演しているのを聴いて、このディープな世界を知りました。

現代では、各国それぞれ味付けやメニューもかなり進化していて、
携帯性と、味や彩りという本来反比例するはずのものが、
ひとつのパッケージの中にコンパクトにまとまっている様は、もはや芸術的。
見ていて非常に楽しいです。

これは、このブログテーマとも、どこか通じる面白さがあると思います。
日本でもレーションを扱ったホームページがたくさんありますので、
いくつかのHPをリンクしておきます。

世界の戦闘糧食
http://rations.petat.com/top.html


買ってみよう・味わってみよう! 戦闘糧食
http://namachan.parfait.ne.jp/mre.html


THE戦闘糧食
http://10.studio-web.net/~phototec/


Amazon.co.jp: 戦闘糧食の三ツ星をさがせ!―ミリタリー・グルメ: 本: 大久保 義信
(ラジオ出演されていたのは、この著者の方だと思います)
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



daguramu14-050814.jpg

さて、不運にもクリンたちはこの食事中に、敵に発見されてしまいます。

daguramu14-050815.jpg
この直後、
チコが岩の上に置いた、食べかけの缶詰が銃弾に吹き飛ばされます。

daguramu14-050816.jpg

「ちきしょう! 俺のランチがパーだぜ・・・!」

以前にも、ひとりだけ食事を食いっぱぐれていたチコ。
どうもこの人は、食べ物に関してあまり運が無いようですね。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



daguramu14-050843.jpg

(※次回以降のネタバレあり)

『太陽の牙ダグラム』には、魅力的なキャラクターが大勢出てきますが、
前回の第13話から登場したハックルもそのひとり。

クリンたちが、「太陽の牙」となって
デロイア独立戦争を戦い抜くために不可欠な、重要なキャラクターです。

daguramu14-050846.jpg
立ちションしてるところをロッキーにさらわれる。
これが「太陽の牙」との運命の出会い。


最初は捕虜として拉致されたハックルですが、
彼がゲリラに参加したことにより、太陽の牙は優秀なメカニックのサポートを確保し、様々の奇抜な作戦行動も可能になりました。

daguramu14-050844.jpg
「メガネメガネ・・・」
横山やすしのメガネ芸をそのままやってくれる、メガネキャラ全開のハックル


  daguramu14-050845.jpg
「なんとか作業を引き延ばさなくては」
けっこう度胸のすわった、ふてぶてしい性格。


なによりハックルは、魅力的な人物だと思います。
彼のひ弱そうな外見と、実際に弱い性格。
しかしながら、その奥に隠し持った勇気と闘志。

そのギャップが、
戦力ではなく、知性で戦う軍人という特性をよく表現していて、
それがそのまま彼の人間的魅力にもなっているのだと思います。

daguramu14-050842.jpg






この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gugugu001.blog70.fc2.com/tb.php/49-aa060f62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。