スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


太陽の牙ダグラム第15話 「ダグラム砂に沈む」

titledaguram.jpg


傭兵のガルシアが、正規軍に要請してもってこさせた
”デザートガンナー”。
daguramu15-052900.jpg

砂漠での交戦用につくられた、この蟹のような形のコンバットアーマーが
砂地での戦闘に不得手なダグラムを、執拗に追い詰めます。

daguramu15-052913.jpg

なんとか逃げることができたものの、
ガルシアの残忍さを兼ね備えた老練な手管は、クリンたち若きゲリラの数段上でした。

嵐がやむのを待って攻撃してこないかに見えたガルシア隊ですが。
ガルシアの本当の狙いは、ゲリラたちを砂漠のど真ん中に釘付けにして、日干しにすることでした。

daguramu15-052901.jpg
 砲撃により貯水タンクに穴が開いてしまう。
daguramu15-052910.jpg

不運も重なり、デロイア7は、
一滴の水もない状態で、持久戦を強いられることになってしまいます。

daguramu15-052915.jpg
  「汗もでねえや・・・」

 「んぐんぐ・・・あーっうまっ!」
daguramu15-nomuhuri.jpg
空の水筒に口をつけて、水を飲んだ気になってみるビリー。
「余計イライラする」と、キャナリーに怒鳴られます。


照りつける太陽と、焼けるような砂が、クリンたちから体力を次第に奪っていきます。
daguramu15-052912.jpg

daguramu15-052911.jpg



人間の体の60%は水分。
食料よりも、水を絶たれるほうが命取りなのです。

ボクシングの世界チャンピオンで、
厳しい減量経験のあるガッツ石松もいっていますが。
「食いものは我慢できても、水だけは我慢できない」のだそうです。
-----------------

一方こちらは、キャンプを張って、余裕で水筒の水をガブガブと飲むガルシア隊長。
daguramu15-nomugarushia.jpg

飲み口から、水はこぼれてるわ。
飲み終わったあと、唾を吐くわ。

この人のガラが悪いというのもありますが、
さすが水に余裕のある側の飲み方は違います。

持てる者の余裕と、持たざる者の困窮が交互に描かれています。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ちょっと時間を戻しますが、
これは、前回、第14話でのシーン。
(まだタンクに水があったころです)

フェスタが水筒の水を、捕虜のハックルにも
お情け少し飲ませようとしたら、
ハックルが全部飲んでしまうシーン。

このシーンは、作画が非常によくできていました。

フェスタがバイクを運転しながら水筒の栓を口で引き抜いて、水を飲むしぐさ、
すっぽんのように水筒にすいつくハックルの動作などが、丁寧に描かれています。

20070511171401.jpg




daguramu14-050824.jpg

daguramu14-050826.jpg

「飲むか」と情けをだしたのが運のつき。

20070511172802.jpg
水を飲み下すごとに、のどぼとけが、ゴキュゴキュと上下に動く描写がすばらしいです。

daguramu14-050831.jpg

スッポンのように水筒に吸い付いて、飲み口を離さないハックル。
すごいバイタリティ。

20070511172835.jpg

daguramu14-050835.jpg

「はなせったらこの! オジン野郎!」

20070511172903.jpg

舌なめずりして一息つくハックル。
実に満足げな様子。
補給した水が体に染み渡っていくのが、わかるかのような幸せな顔。
すばらしい作画です。


daguramu14-050839.jpg

daguramu14-050840.jpg

「みんな飲んじまいやがって、このやろう!」

ゴチーン 

daguramu14-050841.jpg



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



ガルシアの日干し作戦は続き。
乾いた砂漠は夜を迎えます。

daguramu15-yoru2.jpg

ナナシが砂漠でトカゲのような生き物を捕まえています。
(デロイア星は殖民惑星なのですが、これは野生種なのでしょうか?)

このひと、ほかの話数での描写をみてもわかるのですが、
アホのようでいて、意外と冴えた男です。

砂漠でのサバイバル技術には、トカゲやネズミなどの生物を捕獲して、
その肉や血で生き延びるというものがあります。
この苦境で、ナナシだけがやたら元気なのは、ひょっとしてそのせいなのでしょうか。


daguramu15-yoru1.jpg
 「水がないと食べ物もろくにのどを通りゃしない」

「とかなんとかいいながら、お前が一番食ってるじゃねえか!」 

ハックルのボケに、フェスタが突っ込むという、漫才のようなかけあい。
これも、もう少しで見納めなのが残念です。

さて、追い詰められたクリンたちは、
ガルシア隊から水を盗み出す作戦をたてますが、失敗に終わり、
さらなる窮地に陥ります。
クリンの投降で、この窮地はいったん切り抜けるのですが・・・


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


(※ストーリーのネタバレがあります)

daguramu16-052902.jpg

第13~16話。
クリンたちが砂漠に追い詰められてから、ハックルが裏切るまでの4話で構成される、ガルシア隊との交戦のエピソードは、この長い物語の最初のヤマ場といえます。

その終幕を飾るのが
第16話 「砂漠に熱く燃えて」ですが、
残念ながら食べ物が一切でてこないので、ここで無理やり紹介しちゃいます(笑)


daguramu16-052900.jpg

サブタイトルのとおり、非常に熱い物語で、
打算を排した男と男の信義の物語が
極限状態のテンションの中で、熱血調で描かれます。
daguramu16-052908.jpg


daguramu16-052904.jpg


daguramu16-052906.jpg


ハックルの価値観が逆転する瞬間がクライマックスになっていて、
彼の連邦軍を裏切るという決死の覚悟は、それを見ている側の血もたぎらせます。
daguramu16-052903.jpg



daguramu16-052905.jpg

感情に正直に動こうとするキャナリーをダシにしてるところが、少しかわいそうですが、
そのおかげで、女は立ち入りできない
「義理が重たい男の世界」を効果的に描けていたと思います。

daguramu16-052901.jpg
一方で、「クリンなんかのために、あんたを死なせたくない」と涙をみせるキャナリーのセリフにも重みがありました。


最後に、15話の終わりに流れた
第16話の予告ナレーションを紹介します。

daguramu16-052907.jpg


今はこうする他はない 何が待っていようと
敵の手の中に歩いていくほかに何が出来るというのだ
だが負けたくない
誰にも
何にも 

次回『砂漠に熱く燃えて』

Not even justice. I want to get truth!

真実は 見えるか・・・!


daguramu16-052909.jpg

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gugugu001.blog70.fc2.com/tb.php/50-3bdee8e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。