スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎

rupinsp2-title.jpg

ここは地中海のコルカカ島。前半の飲食シーンはすべて、女主人マリアがこの島でひとり経営するバーでの描写です。

rupinsp2-mariasber.jpg



『ルパン三世』はアダルト層を意識して作られたシリーズですから、自然と飲酒のシーンが多くなります。
そして、ベテランの出崎監督は、大人の演出をできる監督だと思います。

rupinsp2-101207.jpg
酒場ではルパンたちが、三者三様に酒を飲んでいます。次元と五右衛門を仕事に誘うルパンですが、彼らはなびきません。

rupinsp2-101210.jpg
横にどいて勝手に日本酒をチビチビやっている五右衛門。

rupinsp2-101213.jpg
「今回は組まん」

次元も五右衛門もそれぞれの目的を持ってこの島にやってきました。

rupinsp2-101200.jpg
五右衛門の目的は、斬鉄剣でも斬れないというパンドラの箱を斬ること。

rupinsp2-101241.jpg
次元の目的は、仲間を裏切って大金を持ち逃げしたクレイジー・マッシュに復讐すること。
rupinsp2-101209.jpg
「やめなって、殺しなんて一文にもなんねえよ?」

rupinsp2-101214.jpg
rupinsp2-101218.jpg
rupinsp2-101216.jpg

三人の狙いが実は一本の線につながると気づいたたルパンは、大喜びでふたりに酒を振舞いますが、次元も五右衛門もやはりなびきません。
自分の目的には自分でケリをつける。たとえ仲間といえど踏み入らせない領域があるのでしょう。

rupinsp2-101219.jpg

一杯飲み終わると、それぞれが自分の根城に散っていきます。


翌朝。店主のマリアがいないので、勝手に食パンを焼いて朝食を摂るルパン。
rupinsp2-101221.jpg
パンをくわえながらネクタイを締める姿がチャーミングです。

rupinsp2-101223.jpg
rupinsp2-101224.jpg

鏡に映った机の上に、銃弾を見つけるルパン。どうもこの女店主にはなにか事情がありそうです。

二日目の晩がやってきました。

rupinsp2-101230.jpg
rupinsp2-101234.jpg

バラバラに行動している彼らですが、この島にバーが一軒しかないためか、皆自然とこの店に集まってきます。

rupinsp2-101233.jpg
「おかみ。椿正宗の熱燗一本」

椿正宗は、菊正宗をもじった架空の酒だと思ったんですが、
そういう商標の酒は存在するようですね。
日本酒にはキレの良い味の意味をこめて名刀正宗の名前をつけることが多いみたいですが、
斬鉄剣という業物を使う五右衛門が好んで飲む酒ですから、椿正宗は、そりゃもうかなりの切れ味なんでしょう。

 次元はなんだか深刻な顔をしています。その異様さに気づいたルパンと五右衛門。

rupinsp2-101500.jpg

次元は生きて帰らないかもしれない戦いに赴くため、ふたりに別れをいいにきたのです。
手伝うという二人を遮り、次元はバーボンを注文。

rupinsp2-101236.jpg
rupinsp2-101237.jpg
rupinsp2-101238.jpg

親友でさえ近づかせない気迫の次元。
その背中を見送るしかないルパンですが、このまま指をくわえてみているルパンでもありません。
だからこそルパン一家の中心にルパンがいるのだといえます。

rupinsp2-101239.jpg



一夜明けて、バーに戻っての朝食。

次元も五右衛門もドジを踏んで、お宝探しを断念しようかと気落ちするルパン。
パンをスープにつけて食べる描写が細かいです。

rupinsp2-kuurupin02a.jpg

rupinsp2-kuurupin02b.jpg

rupinsp2-kuurupin02c.jpg


夜になり、レジスタンス組織”サソリ”のアジトでの夕食。
不二子も加わり、ようやくルパン一家が集結します。
rupinsp2-101276.jpg

rupinsp2-ajitosu-pu.jpg

よそ者相手に渋々商売していた感のあったマリアですが、このとき作った料理には、家庭的な温かみがあるように思います。
秘密のアジトに彼らを迎え入れるということは、彼らに心を開いているということなのかもしれません。

rupinsp2-101280.jpg
rupinsp2-101279.jpg
rupinsp2-101281.jpg

ワインもあるというので、大喜びのルパン。
ついにルパン一家の始動です。



さて、次は銭形です。
銭形の食事シーンをまとめてみました。

rupinsp2-101203.jpg

今回銭形は、物語にまったく関わらず、ほとんど意味のない登場の仕方であるばかりか、惨めこの上ない役回りです。

しかし、銭形の食べ物に関するシーンがいくつかあり、
その演出が、銭形のみじめさをよりいっそう強調していたために、
一切活躍してないにもかかわらず、銭形の存在感を際立たせていたように思います。

空腹というのは、キャラクターに哀愁を添え、視聴者に強い印象を植え付けるるのに絶好の要素だと思います。


rupinsp2-101204.jpg

ICPO本部で、経費と認められない領収書の束を突きつけられ、しょんぼり歩く銭形。懐も寂しいようです。
たまたま見かけた不二子の乗った車を追いかけて、トランクの中に忍び込んだのが運のつき。
はるばるコルカカ島までつれてこられてしまいます。

rupinsp2-101226.jpg
空腹で憔悴しながらも、なんとか脱出した銭形は、とにかく食べ物を探します。

rupinsp2-101245.jpg
冷蔵庫の中に食べ物発見。たっぷりの肉です。
空腹のときにこれをみたら宝の山に思えるかもしれませんね。

rupinsp2-101246.jpg

rupinsp2-kuuzenigata01.jpg

rupinsp2-101253.jpg

お酒も入っていい気持ち。
しかし、運悪く不二子に出くわし、コンサノの手下に追われる身に。
何とか逃げおおせるものの、雨の中行くところのない銭形。
持ってきた小ぶりのソーセージを泣きながらかじる姿は哀れとしか言いようがありません。

rupinsp2-kuuzenigata02.jpg

前作『バイバイリバティ』でも、ルパンや銭形がソーセージをかじるシーンがありましたが、
出崎監督はソーセージに思い入れがあるんでしょうか。


次は牢屋のシーン。
コンサノの手下に、牢屋に放り込まれる次元。そこには先客がいました。
銭形です。

rupinsp2-101272.jpg

rupinsp2-101273.jpg
rupinsp2-101274.jpg
「ここの飯はよお次元、うまくねえぞ」

やっぱりつかまってしまったようですが、なんとか食えているのでその点では満足そう。
なんという覇気のない銭形。

-----------------

やがて次元は牢から出され、銭形だけまだ囚われています。

rupinsp2-101290.jpg
「おーい、メシの時間だぞーい 」

ラッパの音で起き出し、メシの時間だと騒いで、食事の催促をする銭形。
rupinsp2-101291.jpg

しかし外では銭形の存在など忘れられ、お宝を目指して軍隊の大行進が始まっています。

「おーいもしもし係の人。昨日の晩飯からずっと配給がないのですよ」

ついにぶちきれる銭形。

rupinsp2-101293.jpg
rupinsp2-101294.jpg
「メシ食わせろっていっとるのが聞こえねぇのかー!」

rupinsp2-101295.jpg
怒り爆発、牢を易々と破ります。

rupinsp2-101298.jpg
「こらー!俺のメシいったいどうなってるんだこのヤロー」

すでに牢からの脱出とかどうでもよくなってしまったようで、メシのことだけしか頭にない様子です。

本当に顔出しだけで、意味のない登場の銭形でしたが、
演出のおかげで、存在感だけはやたらありました。



最後に小ネタ。カルロス大統領のセリフから。

rupinsp2-karurosu01.jpg

宿敵コンサノ軍が、大統領官邸を包囲したというのに、
将校を呼びつけて大統領が尋ねたことは、今夜のメインディッシュはなにかということでした。
なんとものんきな話です。この島では、こんなことは日常茶飯事なのでしょう。

 rupinsp2-karurosu02.jpg

ちなみにこの将校のセリフでだけでてくる今夜の料理は、
「骨付き肉のクイーン風味インディアカレー和えとことん煮込み」 だそうです。
カルロス大統領は、 「キャビアとコンビーフの白味噌スープも忘れるなよ」  と付け加えます。
何がしたいのかわからないトンデモメニューですが、これはぜひ絵で見せてほしかったですね。



『ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎』
1990年7月20日放送 監督:出崎統企画:高橋靖二 武井英彦 脚本:柏原寛司 音楽:大野雄二 作画監督:古瀬登平山智長岡康史
(Wikipedia)

rupinsp2-101270.jpg

【あらすじ】文豪アーネスト・ヘミングウェイの死は、自殺ではなく他殺だった。
彼が最後に残した随筆「ヘミングウェイ・ペーパー」には、莫大な宝のありかが記されているという。
ヘミングウェイ・ペーパーの謎を追うルパンと、同じく暗躍する武器商人マルセス。
お宝目当てで10年もの間、内戦が続いている地中海の島コルカカにたどり着いたルパンは、
両陣営の用心棒になっている次元と五右衛門の対決に遭遇する。




ルパンスペシャルの第二弾です。
前年のスペシャル第一作『バイバイ・リバティー・危機一発!』が好評だったため作られました。
この作品から、年一回のルパンスペシャルが夏の恒例行事となっていきます。

rupinsp2-heming02.jpg

今回ルパンが狙うお宝は、実在の人物であるヘミングウェイを関わらせた謎の財宝ですが。
この都市伝説めいた噂が元になっているという設定がよかったと思います。
日本で言うと、不景気になるたびに囁かれる「M資金」のようなものでしょうか。
その秘密が、最後にきちんと明らかになるあたりも満足できます。


rupinsp2-maria02.jpg
 今回のゲストキャラ。マリア

監督は前作に引き続き、出崎統 。演出は全体的に冴えていたと思います。

rupinsp2-101202.jpg

とくに次元、五右衛門、ルパンが、三者三様の思惑で同じ島に居合わせ、
互いに一切干渉しないという三人のドライな関係の描写が必見です。

これはルパン映画の傑作『ルパンVS複製人間』で、ルパン一家がバラバラになるという珍しい展開を思い出させます。
rupinsp2-101232.jpg

そして最後には結局、おなじみのルパン一家が結成されるのですが、
前半のドライさから一転して、ルパンというキャラクターの重力にひきつけられるようにルパン一家が集結していく様は、
ストイックな男たちの友情の機微を描いていると思います。

同じ島に偶然、主要キャラクターが全員集合するあたりなど、脚本の乱れが気になりますが、
そういったことを考えずに、彼らの渋い演技を見ることに集中すれば、かなり楽しめる一作だと思います。

rupinsp2-gvsg02.jpg

渋さが光る反面、全体的にやや地味な印象がぬぐえませんが、
次元と五右衛門が、敵味方に別れて対決するというお楽しみ要素もあり、
スペシャル番組としてはギリギリ華のある内容だったと思います。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gugugu001.blog70.fc2.com/tb.php/65-5d8d44c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。