スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


BLOOD+ 第22話 「動物園」



「始まりの地」。通称「動物園」は、
19世紀の大富豪ゴルドシュミットの邸宅跡地のことです。

071300 

敵のシュヴァリエ、アンシェルの言葉に導かれこの地を踏んだ小夜は、
100年以上も昔。
この館でアンシェルやゴルドシュミット、そしてハジらに囲まれ生活していた頃の出来事を思い出します。



天気の良い日に野原でピクニックをしている二人。
071302 

今年のクロスグリのジャムは出来がいいといいながら、指でジャムをすくう小夜。
071303 


071309 071308 
美味しいジャムをなめなめしているところを、行儀が悪いとハジにたしなめられています。

このハジも動物園に来た頃は反抗的な目つきをした小柄な少年でしたが、
いつの間にか小夜の年齢を追い抜いて、長身の青年に成長しています。
小夜だけがいつまでも時が止まったまま少女のまま。

 071301
 「ある目的」のため人買いから買われてきた少年ハジ

そんな小夜は、少女らしいわがままを発揮して、
無理難題をハジに引き受けさせることになってしまいます。

この日、小夜のために崖の壁面に生えている花を摘もうとして崖下に転落したハジは、
命の尽きる寸前に小夜の血を飲み、シュヴァリエとして生まれ変わります。

おそらくこのピクニックでの食事が、
ハジが人間として最後に摂った食事でしょう。
この後彼は100年以上の長きにわたって小夜だけを見つめ小夜を守ることになります。
それがシュヴァリエというものだからです。

071312 

この出来事があったのは、1883年。
のちに「ボルドーの惨劇」と呼ばれる事件の当日です。

この日を境に、小夜のシュヴァリエとなったハジだけでなく、
ゴルドシュミットやアンシェル、ディーヴァら、主要登場人物たちの運命が大きく変わりました。
そして小夜の宿命の戦いもこの日始まったのです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gugugu001.blog70.fc2.com/tb.php/94-0abb69b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。