スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


じゃりン子チエ 第5話 「おバアのテツ救出作戦」



■お好み焼き屋のおっちゃん

大阪は粉モノの聖地です。
中でも人気なのは、タコ焼きとお好み焼き。
『じゃりン子チエ』では、第2話にでてきた百合根が改心してお好み焼きの店を始めたため、
お好み焼きを食べるシーンが頻繁にでてきます。

080503 080508 

百合根は初登場時はヤクザのオッサンだったものですから、チエちゃんも警戒してましたが。
おごってくれるというので、子供らしく素直に喜びます。


080509 
この店ではアントニオの剥製が客を出迎えます。
そもそも百合根は、アントニオにお好み焼きのにおいを嗅がせてやる為に、この店を開店したのです。
アントニオのことを語りながら、手際よくお好みを焼く準備をしていく百合根。

お好みの材料 

さて、いよいよお好みを焼くときがきました。
混ぜ合わせた具を、鉄板の上に円を描くように落としていきます。


最後に重量感のあるイカがぼとりと落ちてくる描写がリアル。


080524

 劇中では、ここでハプニングがあります。
しかし、あまり気持ちのいい描写ではないので、それは後回しにして、
先にお好みを食べるシーンを見てみましょう。



080604 

お好みが、ちょうど美味しそうに焼きあがったころ、ヤクザが店にやってきます。
百合根がバクチ稼業をやっていたせいか、開店直後の店はヤクザの溜まり場になってしまい、
百合根も商売に差し支えるので、これには困っているようなのです。

このときのヤクザ二人組は、のちにテツのパシリとなるカルメラ兄弟です。
カルメラ兄は、チエちゃんのために焼いたお好みをよこどり。

080607 
劇場版では、ここでお好み焼きのアップのショットがくるのですが、
TV版ではなぜか、この舌なめずりするカットが新たに挿入されてます。

お好み食うカルメラ兄 
熱いお好み焼きをハフハフいいながら食べる様子が食欲をそそります。
熱いので一口では噛み切れずに、歯型がついているのが見えたりするリアルさ。
右手のコテでささえながら、左手の指で押し込んで食べます。
このとき使った人差し指と親指にはソースがついてしまうので、これも順に舐め取るという念の入った演出の作画。

機嫌の悪かったカルメラ兄も、美味しいお好みを食べて上機嫌です。
「おいおっさん 今日のは塩味が効いて美味いやんけ」


しかし彼は直後、お腹をかかえて苦しみだします。
080625 
「さっきのお好み焼き腐っとったんやないけ?」
「アホいうな お前うまいうまい言うとったやないかい」


実はこれは食べてはいけないお好み焼きでした。
あまり触れたくなかったのですが、このお好み焼き。
なぜ塩味が効いていたのか、少し時間をさかのぼって見てみましょう。


時間を戻して、カルメラ兄弟が来店する前の店内です。

百合根はお好み焼きを焼きながら、イカ玉が好きだったアントニオのことを思い出し、
ついに辛抱たまらず泣き出してしまいます。

080525 080526
涙と鼻水がいっしょになって、焼きかけのお好み焼きの上に・・・
チエちゃんはそれを目撃してしまうのですが、なかなか言い出せません。

080527 080528
チエちゃんの無言の訴えにも気づかず、
丁寧にコテで伸ばして、うちわであおぐ百合根のおっちゃん。
・・・この時点でもう食えません。

さらに百合根のシャワーのような号泣が鉄板の上に降り注ぎ、湯気の幕が立ち上ります。

080601 
「もうあかん ビチャビチャや」


080606 
というわけで、これは食べてはいけないお好み焼きだったのです。
どうりで、チエちゃんも自分のお好み焼きをあっさり譲ったわけですね。

しかもこのお好みは、こけおどしではない危険なしろもの。
腹を抱えて苦しむカルメラ兄、ちょっとだけちびったみたいです。
熱消毒されてるにもかかわらず、腹痛まで起こさせる百合根のパワー恐るべし。


080629 
「やっぱりあのお好み焼き・・・!」
チエちゃん、間一髪でした。




■ テツの最強伝説

今回は珍しくテツがケンカで負ける姿を見れる回です。

腕力だけが自慢のテツですが、誇るだけあってその強さはダテじゃなく、
のちにボクシングの元日本ランカーにあっさり勝ってしまい、東洋チャンピオンと互角に殴り合うという荒唐無稽な場面も。(東洋チャンピオンはテツの恐ろしさに日本での試合を放棄して帰国してしまう)

ですが原作の初期では、テツの強さにもリアリティと制限があり、その強さの程度は
「テツが勝てるのは三人までで、四人目からは危ない」というおばあのセリフで表されています。
まるで腕のたつ剣豪のことを話しているようですが、
四人相手に本当に負けてしまってボコボコにされた姿は、のちのテツの強さをみているとやはりショキングなものがあります。

080636 080635 
ボコボコにされて、ブタマンのように膨れ上がったテツの顔

その後の作中でも、テツが手ひどく殴られたり、ときにはノックアウトされることもありますが、
そういう場合は、もっぱらチエちゃんか母親の菊(おばあ)が相手で、これは女子供には手加減しているという理由が大きく、
加えて繊細なところがあるテツですから、情のある肉親に気後れしているという理由もあるのでしょう。

080626 080628 
「なにいきってんねんチンピラ」

気絶したチンピラをさらに殴ろうとするテツに、チエちゃんの椅子攻撃。
人類最強の男テツも、おばあとチエちゃん、そして小学校の担任だった拳骨には勝てません。

しかしこの時点ではそういう細かい事情抜きに、単純におばあのほうがテツよりも強いという設定があったように思えます。
テツもかなわなかったヤクザ四人組を倒したのは、小鉄とチエちゃんが加勢したことに加え、
ヤクザも女子供に手加減したからだと考えられなくもないですが、老婆と子供にKOされてしまっては言い訳できません。


080631
椅子に素手で穴をあけるおばあ

080632 080637
 
ジャンプ一閃! ヤクザ4人を蹴散らす

今回はテツをボコボコにしたヤクザ四人組ですが、
彼らをはじめ、『じゃりン子チエ』の世界のヤクザやツワモノはことごとくテツの手下になって行きます。
これは彼が強いだけではなく人気があることの証明です。
人間的に魅力があるので、殴られても殴られても逃げ出さずに人が集まってくるわけです。
その様は、戦いを通して味方を増やしていく少年ジャンプの漫画のシステムと共通のものがあるように思います。

全ての男の頂点に立つ人気者で無敵の男テツ。
同時に彼は、男としてこうはなりたくないというダメ人間の見本でもあります。
最強で最低。
テツの魅力は、この矛盾したでたらめさの中にこそあるのだと思います。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gugugu001.blog70.fc2.com/tb.php/98-390007e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。